2002年8月のUEFAスーパーカップでバロンドール受賞歴を持つ2人と対峙

 J1北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二は、日本サッカー界に名を残す天才として知られる。フェイエノールト時代に名門レアル・マドリードと対戦した際、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン(現レアル監督)と元ポルトガル代表MFフィーゴからマークを受けるシーンが再注目されるなか、異競技界からも「凄さ、伝われ!!!」と声が上がった。

 小野は1998年に清水商から浦和レッズ入り。01年にオランダのフェイエノールトへ移籍し、その後は浦和、ドイツのボーフム、清水エスパルス、オーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズで活躍。14年から札幌でプレーしたが19年8月にJ2のFC琉球に移籍した。昨季はリーグ戦14試合に出場していたなか、今年1月、新シーズンから再び札幌でプレーすることが発表された。

 そのなかで、ツイッター上で「小野伸二がどれだけ凄い選手かをこの写真を定期的に上げて若い人たちへ伝えていきたい」と綴られた投稿が話題となった。そこには、フェイエノールト時代の2002年8月、UEFAスーパーカップで名門レアルと対戦した際、小野が元フランス代表MFジダンと元ポルトガル代表MFフィーゴのダブルチェックをかわそうと試みるシーンを捉えた写真が添えられている。

 バロンドール受賞歴を持つ2人と対峙したシーンに、ロンドン五輪で全日本女子バレーチームのアシスタントコーチを務め、現在はビーチバレープレーヤーである小川将司氏は自身のツイッターで、「フィーゴとジダンにサンドされてる小野伸二。ボールの柄はチャンピオンズリーグ。凄さ、伝われ!!!」と声を上げている。

 異なる競技の選手からも称賛の声が上がるあたり、小野の天才ぶりがいかに“規格外”かを表していると言っていいだろう。

Football ZONE web編集部