南野の活躍に感銘も…ハーゼンヒュットル監督が“動きの質”への懸念指摘

 サウサンプトンの日本代表MF南野拓実は現地時間20日、プレミアリーグ第25節チェルシー戦(1-1)に先発出場し、貴重な先制点を決めた。英紙は「タクミ・ミナミノに対するクロップの懸念と共鳴」と見出しを打ち、リバプールとサウサンプトンの両指揮官が抱える南野に対する懸念材料に注目している。

 6連敗中のサウサンプトンは序盤からトーマス・トゥヘル監督が就任した新生チェルシーに主導権を握られ、防戦一方に。南野も中央でボールを受ける際、相手MFエンゴロ・カンテの激しいチャージに遭い、なかなか思うようなプレーをできずにいた。しかし、前半33分、南野が2トップとの連係からチェルシー守備陣を打開する。

 中盤でパスを回していたサウサンプトンは、イングランド代表MFネイサン・レドモンドがボールを持ったのを合図に、南野とイングスがチェルシー守備陣の隙間に走り込みを見せ、南野がペナルティーエリア内でスルーパスを受ける。対峙した相手GKに対してキックフェイトでバランスを崩し、そのまま右足アウトサイドで流し込んで先制点を奪った。

 試合は最終的に1-1のドローに終わったが、チームに7試合ぶりの勝ち点をもたらすゴールとなった。一方、英紙「デイリー・ミラー」は「タクミ・ミナミノに対するクロップの懸念と共鳴」と見出しを打ち、チェルシー戦後にラルフ・ハーゼンヒュットル監督が語った南野の課題について注目している。

 記事では、「ハーゼンヒュットルは彼の影響力に感銘を受けているが、『オフ・ザ・ボールのプレーをもう少し改善しなければならない』と語った。クロップもこの日本代表に大きな期待を寄せているが、同じ懸念を抱えている」と説明。動きの質が改善されれば、さらなる展望が開けるかもしれない。

Football ZONE web編集部