三笘薫のプレー集をDAZN公式YouTubeチャンネルが公開

 Jリーグの2021年シーズンがいよいよ幕を開ける。26日の金曜日開催となる“金J”では、昨季王者・川崎フロンターレと19年度の覇者・横浜F・マリノスが激突。なかでも、スポーツチャンネル「DAZN」は公式YouTubeチャンネルで「ファン・サポーターが選んだ2021期待のJリーガー5人」と題して、昨季大卒1年目にして13ゴールをマークしたMF三笘薫をピックアップしている。

 三笘は川崎の下部組織から筑波大学へ進学。大学でも存在感を示し、2年生から川崎の特別指定選手に登録され、3年生時には公式戦へ出場した。年代別代表としても活躍し、昨季川崎に入団。大卒1年目で30試合13得点という圧倒的な数字を残し、J1ルーキーとして歴代最多得点タイ記録をマークした。

 今季も王者川崎の中心として期待を受けるなか、20日に行われた富士ゼロックス・スーパーカップのガンバ大阪戦では2ゴールで勝利に貢献。武器であるドリブルにはさらに磨きがかかっている。

 そんななか、「DAZN」公式YouTubeチャンネルでは三笘の昨季プレー集が「ファン・サポーターが選んだ2021期待のJリーガー5人」と題して公開されている。最初のプレーは開幕の相手でもある横浜FM戦で見せた圧巻の約70メートルドリブル。先制点を挙げた三笘は後半アディショナルタイム5分、自陣ゴール付近で味方のクリアボールを拾い、そのままドリブルを開始。左サイドのタッチライン際を駆け上がると、センターライン付近で食らいつく相手MF渡辺皓太を振り切り、カバーに来たDFチアゴ・マルチンスの逆を突いて一瞬で抜き去る。そして、最後は右側からDF畠中槙之輔が寄せてきたところで右足アウトサイドで中央に出し、小林のフリーのシチュエーションを作り出した。約70メートルをドリブルで駆け抜け、絶妙なアウトサイドキックでダメ押し弾をお膳立てしたプレーが取り上げられた。

 他にもドリブルやゴールシーンなどが収められた動画に、ファンからは「ドリブルしてる時の下半身がめっちゃネイマールみたい」「もう既に海外組みたいな、存在感、スター感ある」「ニアへのゴールが凄すぎる!」「代表はよ」「間合いのとり方が日本人じゃない」「圧倒的に魅力ある」など絶賛のコメントが相次いだ。

 今季も三笘が魅せるプレーにファンは大きな期待を抱いているようだ。

Football ZONE web編集部