クラブが公式発表、英メディアは「4月まではアウト」と報道

 プレミアリーグのリバプールは、主将のイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが痛めていた内転筋の手術を受けたことを発表した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」によれば、早くても4月まで戦線離脱になるという。オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクら主力選手に負傷者が相次ぐリバプールにとって、さらなる打撃となる。

 ヘンダーソンは20日に行われたエバートン戦(0-2)に先発出場したが、前半途中に負傷交代。右足内転筋の損傷で、戦線離脱を余儀なくされた。

 リバプールはヘンダーソンが手術を受け、無事に成功したと発表。すぐにリハビリに入るが、復帰時期は未定だという。「スカイ・スポーツ」は「早くても4月まではアウト」と1カ月以上の離脱になると報じた。

 今季リバプールはファン・ダイクを筆頭に、特に最終ラインに負傷者が続出。ヘンダーソンはコンバートでセンターバック不足の穴を埋めるなど奮闘していたが、シーズン終盤戦に差しかかるなかで無念の負傷離脱となった。

Football ZONE web編集部