新加入のDFウヴィニ、FWオリヴェイラとともに1億9050万円でトップ

 2021シーズンのJ1リーグが開幕した。今オフの移籍市場で各クラブが選手を入れ替えたことで、どれくらいの戦力を有し、20チームで争われる今季の勢力図がどのように変わったのかは多くのファンが気になるところだろう。それを見るうえで一つの目安となるのが、市場価格の合計額だ。

 ドイツの移籍情報専門サイト「transfermarkt」では、世界中のサッカー選手の市場価格を随時更新しているが、この市場価格は選手たちの“推定移籍金”に近い意味を持っている。この市場価格を比較・分析しながら、今季開幕時のJ1リーグ各クラブがどれだけの戦力を抱えているかを考察していこう(※登録選手リストはクラブ公式サイトを参照)。

■FC東京(昨季6位/17勝6分11敗)
選手市場価格総額:21億3360万円
チーム内最高額選手:ブルーノ・ウヴィニ、ディエゴ・オリヴェイラ(1億9050万円)

 昨季11年ぶりにルヴァンカップを制したFC東京にとって、2021シーズンはJ1初制覇を目指す1年となる。2020年は6位という結果に終わったためか、全体的に市場価格は下がってしまった。それでも、1億円超えの選手を8人も擁しており、タイトルを十分に狙える陣容が揃っている。

 FW原大智がクロアチア1部イストラへ完全移籍したものの、主力選手のほとんどが残留した。日本代表FW永井謙佑(1億2700万円)が負傷し、序盤戦はクラブトップの市場価格1億9050万円のFWディエゴ・オリヴェイラに頼るところが大きくなるだろう。FW登録選手は、この2人とFW田川享介の3人しかいないだけに、田川にとっては現在の6350万円という評価を高めるチャンスも訪れそうだ。

 昨季、鹿島からレンタル移籍で加入したMFレアンドロ(1億5240万円)は、その活躍が評価されて完全移籍での加入となった。レアンドロ、MFアダイウトン(8890万円)、ディエゴ・オリヴェイラのブラジル人トリオは、今季も他クラブを悩ませるだろう。MF東慶悟(1億1430万円)に加え、新加入のMF渡邊凌磨(7620万円)も、長谷川健太監督のオプションとなる。

MF安部の評価額は昨季から10倍以上アップ

 ボランチから最終ラインにかけても、昨季からの主力が残っている。昨季600万円の評価だったMF安部柊斗は、複数ポジションをこなすなどの活躍を受けて10倍以上となる6350万円の評価額がついている。日本代表経験者でもあるMF髙萩洋次郎(6350万円)もいる中盤の底には、浦和からMF青木拓矢(7620万円)を獲得している。

 最終ラインではDF丹羽大輝が契約満了となった。そこに加入したのは、トッテナム(イングランド)やナポリ(イタリア)という欧州強豪にも在籍した経験を持ち、ブラジル代表歴もあるDFブルーノ・ウヴィニだ。ディエゴ・オリヴェイラと並び、チーム最高額の1億9050万円と評価されるDFの加入で、DF森重真人(1億2700万円)を中盤の底で使うなどの戦術的な選択肢が広がりそうだ。

 GKでは現在、負傷離脱中のGK林彰洋が8255万円と最高額になっているが、GK波多野豪(4445万円)、GK阿部伸行、GK野澤大志ブランドン(ともに635万円)も控えている。就任4年目を迎えた長谷川監督も優勝を目標に掲げるなかで、FC東京は悲願のJ1初優勝を果たせるだろうか。

Football ZONE web編集部