FWフィルミーノが華麗なステップワークで貴重な追加点を演出

 リバプールは現地時間2月28日、プレミアリーグ第26節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦し、敵地で2-0と勝利を収めた。ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが貴重な追加点となるオウンゴールを誘発したが、相手守備陣を翻弄するドリブル突破に英メディアが注目している。

 泥沼の4連敗で優勝争いから脱落することになった昨季王者リバプールは、現在トップ4でのフィニッシュが現実的な目標となるなか、最下位シェフィールドを相手に序盤から猛攻を仕掛けると、後半3分にMFカーティス・ジョーンズがネットを揺らして先制点を奪う。

 そして同19分、フィルミーノが華麗なステップワークから追加点を生み出す。右サイドでボールを持ったフィルミーノはセネガル代表FWサディオ・マネとのワンツーから切れ込むと、目の前に立ちはだかった相手3人をスルスルとかわしてペナルティーエリア内に侵入し、右足を振り抜いた。ボールは相手DFに当たり軌道が変わってネットを揺らしたため、記録上ではオウンゴールとなったが、英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」は「圧巻のドリブル突破と優美な連係プレー」と見出しを打ち、「フィルミーノによるインスピレーションが光る作品」と取り上げている。

 記事では「混雑したエリア付近で、ブラジル人はトレードマークのサンバの才能を展示し、ボックス内へと侵入した」と説明している。今季は不振が指摘されているフィルミーノだが、ゴール前では違いを生み出し、絶不調のチームを勝利に導く活躍を披露した。

Football ZONE web編集部