マンU時代の2013年3月2日、ノリッジ相手にプレミアで日本人史上初のハットトリック

 アジアカップ公式ツイッターが2日に更新され、「今日は何の日」企画でMF香川真司(PAOK)にスポットライトを当てた。2013年、プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドに所属していた香川が、元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(現ダービー・カウンティ監督)らと共闘した一戦で達成した“伝説のハットトリック”に触れ、「サムライの逆襲」と称賛している。

 香川は2010年7月にセレッソ大阪からドルトムントへ移籍し、ブンデスリーガ2連覇を達成。その活躍が認められて2012年6月、名将アレックス・ファーガソンが率いるプレミアリーグの名門ユナイテッドへ完全移籍した。

 移籍1年目の2012-13シーズンはリーグ戦20試合に出場、6得点3アシストの結果を残したなか、最も輝いた試合の一つが13年3月2日の第28節、本拠地ノリッジ・シティ戦(4-0)だ。

 0-0で迎えた前半アディショナルタイム、右サイドからのクロスを元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーが落とし、ゴール前の香川が右足アウトサイドで押し込んで先制。後半31分にはルーニーがペナルティーエリア内で相手を引き付けて中央へパスを出し、走り込んできた香川がシュートを決めて2点目をマークした。さらに終了間際、イングランド代表FWダニー・ウェルベック(現ワトフォード)、ルーニーとつないで最後は香川が沈め、プレミアリーグでハットトリックを達成した初のアジア出身選手となった。

 アジアカップ公式ツイッターは、「2013年の今日、サムライの逆襲。シンジ・カガワはノリッジ戦でプレミアリーグ史上初の日本人選手でハットトリック達成」と賛辞を送っている。

 ギリシャ1部のPAOK移籍後は公式戦6試合すべて途中出場だが、トップフォームを取り戻して強烈なインパクトを残したいところだ。

Football ZONE web編集部