期限付き移籍中のミランで継続的にプレー、レアル側が評価

 イタリア・セリエAの名門ACミランにレアル・マドリードから期限付き移籍している21歳のスペイン人MFブラヒム・ディアスが、来季はレアルに戻る方向で進んでいるという。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 ディアスは2019年1月にイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティからレアルに移籍し、6年半の契約を結んだと発表された。そして、今季はミランに期限付き移籍となり、ここまでセリエAで17試合に出場。首位争いをするチームの一員として力になっている。

 このプレーを見たレアルは、今季終了後にディアスを戻す方針を打ち出しているという。このため、ミランは来季に向けてトップ下でプレーできる選手を探す必要があるとされた。

 レアルから期限付き移籍になっている攻撃的な選手では、日本代表MF久保建英もいる。しかし、スペイン人であり21歳のディアスがレアル帰還の席を1つ確保しそうな情勢になると、久保がレアルに戻る道筋は険しさを増しそうだ。

 また、昨夏にミランは久保の期限付き移籍先として浮上した過去があるが、来季に向けて再びイタリアの名門が候補に浮上することもあるのだろうか。

Football ZONE web編集部