昨夏に“構想外”で放出したスアレスが5位、グリーズマン&デンベレもランクイン

 スペインの名門バルセロナは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの契約満了が近づいている。今夏の移籍市場では移籍金ゼロで退団する可能性もあるが、実際に移籍が決定すれば、クラブにとって大打撃となるだろう。そんな注目の移籍市場を数カ月後に控え、英スポーツメディア「Sportskeeda」は、バルサの移籍市場における「失敗ワースト5」を報じている。

 5位に選ばれたのは、今季開幕前にウルグアイ代表FWルイス・スアレスをリーガ・エスパニョーラの“ライバル”であるアトレティコ・マドリードに放出したことだ。昨夏就任したロナルド・クーマン監督は“構想外”としたスアレスだが、アトレティコでも高い得点力を維持しており、今季リーガで24試合18得点と好調。首位を快走するチームを牽引する活躍を見せている。

 米スポーツ専門局「ESPN」によれば、スアレスは「最も腹が立ったのは、彼らが僕は年を取りすぎていて、これ以上高いレベルでプレーできないと言ってきたことだ。それだけは気に食わない」と発言しており、クラブ歴代3位の198得点を挙げた選手への扱い方も否定的に捉えられている。

 4位に入ったのは、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの獲得だ。2017年にパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍したブラジル代表FWネイマールの穴を埋める存在として目をつけたバルサは、リバプールに対して1億4200万ポンド(約215億円)を投じて18年1月にコウチーニョを獲得した。しかしチームにフィットせず、思うような結果を残せなかったため、19-20シーズンはバイエルン・ミュンヘンに期限付き移籍。今季バルサに復帰したコウチーニョについて、「彼は間違いなく素晴らしいMFだ。だが、クラブの問題を解決するのに十分な1億4200万ポンドという金額は、バルサに問題をもたらすだけとなった」と批判している。

 ワースト3位にランクされたのは、19年夏の移籍市場でアトレティコから獲得したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンと、17年夏の移籍市場でドルトムントから獲得したフランス代表FWウスマン・デンベレの2人の加入だ。グリーズマンは移籍金1億2000万ユーロ(約156億円)、デンベレは1億500万ユーロ(約136億円)で加入したが、現状ではこの金額に見合う活躍を示せていないことが、その理由となっている。

1位は2000年に起きたフィーゴの“禁断の移籍”

 2位となったのは、2020年の移籍市場で行われたブラジル代表MFアルトゥールとボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチのトレード移籍だ。アルトゥールは、当時23歳であり契約を4年も残していた。一方、ピャニッチは当時30歳。しかもバルサが両者の移籍の差額として受け取ったのは、わずか1200万ユーロ(約16億円)だった。しかも、アルトゥールが徐々にユベントスに馴染み始めているのに対し、ピャニッチは居場所を見つけられておらず、記事では「アルトゥールが残留していれば、フレンキー・デ・ヨング、ペドリとともに中盤のトライアングルを形成していたかもしれない」と伝えている。

 ここまでは近年の移籍市場での失敗が4つ並んだなかで、不名誉な1位になったのは2000年夏に世界に衝撃を与えた“禁断の移籍”だった。4シーズンにわたってバルセロナで活躍し、2度のリーガ制覇を含む7つのトロフィーを勝ち取り、キャプテンマークも巻いた元ポルトガル代表FWルイス・フィーゴの“宿敵”レアル・マドリードへの移籍だ。

 レアルは移籍解除金6200万ユーロ(約80億円)を支払い、最大のライバルクラブからフィーゴを引き抜いた。この移籍を皮切りに、レアルは“銀河系軍団”と呼ばれるチームになり、バルサはしばらくの間、後塵を拝することとなる。

 今夏の移籍市場で、絶対的エースのメッシが仮に流出することになれば、「失敗ワースト5」に入る可能性は十分にあるが、バルサは今後どのような動きを見せるのだろうか。

Football ZONE web編集部