エルチェ戦に7試合ぶりに先発した久保が初アシストを記録「決定的なパフォーマンス」

 スペイン1部ヘタフェは現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ第28節でエルチェと対戦し、ホームで1-1と引き分けた。7試合ぶりに先発出場を果たした日本代表MF久保建英は、後半15分に移籍後初アシストを記録した。スペイン大手紙は「これぞクボだ」「ヘタフェで最高の存在」と惜しみない賛辞を送っている。

 久保は今冬の移籍市場でビジャレアルとの期限付き移籍を解消し、ヘタフェへと“再レンタル”された。加入当初は主力として活躍していたものの、チームが守備的戦術へと切り替えたタイミングで序列を下げ、直近6試合連続で先発から遠ざかっていた。前節終了時点で15位のヘタフェにとって、勝ち点4差で17位のエルチェとの対戦は、残留争いの行方を左右する重要な一戦となった。

 第22節セビージャ戦(0-3)以来、7試合ぶりの先発に抜擢された久保は、存在感を発揮するのに苦労していたが、0-1で迎えた後半15分に決定的な仕事を果たす。右サイドでパスを受けた久保は、対峙した相手DFホアン・モヒカを縦への仕掛けで翻弄し、右足でグラウンダーのクロスを供給。ニアサイドに走り込んだFWエネス・ウナルがワントラップから押し込み同点ゴールを奪った。久保にとってはヘタフェ移籍後、初のアシストとなった。

 その後、ヘタフェはPK失敗により勝ち点3獲得のチャンスを逃したものの、先制を許す苦しい試合展開のなかで、久保が同点ゴールを導き勝ち点1を積み上げることに成功した。スペイン紙「AS」は「これぞクボだ。エルチェ戦で証明した」と見出しを打ち、「日本人選手は7試合ぶりに先発したが、ヘタフェで最高の存在だった。エネス・ウナルへのアシストは、ボルダラスを安心させた」「日本人はこの試合の決定的なパフォーマンスで、ボルダラス監督の信頼に応えた」と説明。久しぶりに得たチャンスをものにした久保に、現地メディアも惜しみない賛辞を送っていた。

Football ZONE web編集部