エルチェに1-1ドロー、7試合ぶり先発の久保が初アシストを記録「明るく良いニュース」

 スペイン1部ヘタフェは現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ第28節でエルチェと対戦し、ホームで1-1と引き分けた。7試合ぶりに先発を飾った日本代表MF久保建英は、後半15分に移籍後初アシストを記録。スペイン大手紙は「クボがカオスからヘタフェを救済」と大々的に取り上げている。

 久保は今冬の移籍市場でビジャレアルとの期限付き移籍を解消し、ヘタフェへと“再レンタル”された。加入当初は主力として活躍していたものの、直近6試合連続で先発から外れていた。

 前節終了時点で17位エルチェを勝ち点「4」上回るヘタフェにとって、今節は残留争いの行方を左右する重要な一戦となったなか、久保は第22節セビージャ戦(0-3)以来、7試合ぶりの先発出場。前半は存在感を示すのに苦労していたが、0-1のビハインドで迎えた後半15分、久保が決定的な仕事を果たす。

 右サイドでパスを受けた久保は、対峙した相手DFホアン・モヒカを縦への仕掛けで翻弄し、右足でグラウンダーのクロスを供給。ニアサイドに走り込んだFWエネス・ウナルがワントラップから押し込み同点ゴールを奪った。久保にとってはヘタフェ移籍後、初のアシストとなった。

 結果的に、貴重な勝ち点1の獲得に直結する活躍となったが、スペイン紙「AS」は「クボがカオスからヘタフェを救済」と大々的に取り上げ、「クボの重要度が増したのは、明るく良いニュースだ。この日本人は6試合連続でベンチを温めた後、試合で決定的な絶好機をものにし、花を添えた」と説明している。

 また、「ボルダラスが70分で彼を交代させた際、拍手喝采を浴びた」と綴っていた。下位対決で同点弾を導く初アシストは、チーム内の序列に変化を生じさせるきっかけになったかもしれない。

Football ZONE web編集部