イングスのマンC移籍説を受け、現地メディアが南野にも注目「タクミを思い起こさせる」

 今季プレミアリーグを独走するマンチェスター・シティは、今夏の移籍市場でサウサンプトンのイングランド代表FWダニー・イングス獲得の可能性が取り沙汰されているが、リバプール専門メディアは「イングスのシティ移籍説はタクミ・ミナミノを思い起こさせる」と見出しを打ち、日本代表MF南野拓実にも焦点を当てている。

 南野は今季リバプールで勝負の2シーズン目を迎え、プレミアリーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)で待望のプレミア初ゴールを記録したものの、それ以降はリーグ7試合でわずか6分間の出場にとどまり、アタッカー陣の序列が転落。そんななか、今冬の移籍市場最終日にサウサンプトンへの期限付き移籍が決定した。

 新天地では第23節ニューカッスル戦(2-3)で先発しデビューを果たすと、豪快なシュートでいきなり移籍後初ゴールを決める活躍を披露。チームの信頼を一気に掴み取ると、第25節のチェルシー戦(1-1)でも、トップクラスの守備陣を相手に華麗なキックフェイントから得点。新天地で計2ゴールを記録している。

 そんななか、サウサンプトンで同僚のイングスに、退団の可能性が浮上しているアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの穴埋め要員として、シティ移籍が取り沙汰されている。リバプール専門メディア「リバプール・コム」は「イングスのシティ移籍説はタクミ・ミナミノを思い起こさせる」と見出しを打ち、南野についても言及している。

 記事では、「イングスはホームグロウン選手(シティにとっては重要な要素)であり、信じられないくらいハードワークする得点源のオプションとして適している」と、イングスのシティ移籍に太鼓判を押しつつ、リバプールから離れて輝きを放った状況を受け、現在サウサンプトンに期限付き移籍中の南野にもスポットライトを当てている。

「最も興味深いケースはタクミ・ミナミノだ。リバプールではほとんど行方不明だったはずが、サウサンプトンではすでに多大な期待を抱かせる活躍を示している」と、今季終了後にリバプールへ帰還する予定の南野にもイングスと同様の兆候があると指摘している。

 一方で、「リバプールが他のポジションに再投資する必要性があると判断した場合、今夏に彼を現金化することを考えるのは不合理ではない。選手にとっても最善の動きとなるだろう。だが、その場合は安売りしてはならない」と、サウサンプトンで市場価値を高めたうえで売却に踏み切る可能性についても言及。今夏の移籍市場では、南野は注目株の1人となるかもしれない。

Football ZONE web編集部