【ドイツ発コラム】バイエルンの18歳MFムシアラがドイツ代表を選択し注目

 ドイツ代表初招集の18歳MFジャマル・ムシアラが注目されている。

 昨季17歳でトップチームデビューを果たすと、今季は継続的に起用されている。ブンデスリーガで19試合、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では5試合に出場し、合計4ゴールをマーク。スタメン出場を果たしたCL決勝トーナメント1回戦のラツィオとの第1戦ではチーム2得点目となるゴールを綺麗に決め、CLにおけるドイツチーム所属選手最年少記録を更新した。ハンス=ディーター・フリック監督からの評価も高く、2月下旬に18歳となった後、バイエルンと2026年までのプロ契約を交わしている。

 またドイツとイングランド、そしてナイジェリアでプレーする可能性があったムシアラは、最終的にドイツ代表でプレーすることを決断。そして3月の代表戦で初招集となったわけだ(25日のアイスランド戦で途中出場し代表デビュー)。

 決断の要因となる要素はいろいろあっただろうし、最後の決め手が何だったかは本人しか分からない。ただ現在、バイエルン・ミュンヘンでドイツ代表キャプテンのマヌエル・ノイアーをはじめ、次期キャプテン候補ヨシュア・キミッヒ、そしてレオン・ゴレツカ、ニクラス・ズーレ、レロイ・サネ、セルジュ・ニャブリといった主軸選手と一緒に過ごす時間がもたらした刺激は少なくなかったのではないかと思われる。代表ではチェルシーのカイ・ハフェルツ、レバークーゼンのフロリアン・ヴィルツとともに将来のドイツ代表中盤における中心選手として期待されている逸材だ。

 また所属クラブのバイエルンでも、トーマス・ミュラーの後継者としても期待されている。バイエルンで育ち、バイエルンでプロデビューを果たし、バイエルンとともに数々のタイトルを勝ち取ってきたミュラーはまさにクラブの生き字引。代わりになる選手など、そうは現れないと思われていただけに、ファンにとっても、クラブにとってもなんとか大事に育てたいという思いがものすごく大きい。

 とはいえ、才能だけで世界トップクラスのクラブでレギュラーとなることはできない。常時プレーするためにはまだまだ向上すべき点はたくさんあるし、ムシアラもそのことはよく分かっている。シーズン当初は相手選手のハードな当たりをこらえることができずにいたが、フィジカルコンディションもだいぶ向上。このあたりはキミッヒやゴレツカとともに、筋力トレーニングを定期的に行っていることがポジティブに作用しているようだ。シーズン開幕時と比べて7kg増量し、身長も2cmアップ。

 またゴールへつながる道やスペースをかぎ分ける感覚、そしてゴールへの直接的なアクションを改善していくために、アシスタントコーチのヘルマン・ゲルランドやミロスラフ・クローゼとともに居残り練習を日課とし、精力的に取り組んでいるのだ。出場機会がガクっと減っていた時期もあったが、ここ最近はまた順調にピッチに立つ時間が増えているのは、そうした取り組みの賜物だろう。

幼少期を過ごしたドイツ地元クラブと渡英後も続いた交流

 そんなムシアラは、どこでどのようにサッカー選手としての道を歩み始めたのだろう?

 ドイツのフルダという20万人都市で幼少期を過ごしていた。最初にプレーしたサッカークラブはTSVレーネルツという地元のクラブ。最初の監督ブランコ・ミレンコブスキは地元メディア「SPORTBUZZER」の取材に、「当時のことはよく覚えている」と振り返っていた。

 母とともに練習場にやってきた4歳のムシアラは、「小さいけど速くて機敏で、何よりすごく楽しそうにサッカーをしていた。いつも2つ上の学年でプレーをしていた」そうだ。

「2月だったかな。試しに一緒にプレーしてみたいと言ってきたんだ。お母さんは『この子はサッカーが大好きで、クラブでプレーしたいと言っているんです』と言っていたんだけど、すぐに彼の才能に気づいた。彼は当時4歳で一緒にプレーをした子は5、6歳だったんけど、違いは全くなかったんだ。僕だけじゃなくて他の育成コーチもみんな、驚いていたよ。試合があると対戦相手の指導者も『彼は特別な選手だね』と話をしてきたね」

 仲間と一緒にサッカーを楽しむ幼少期のムシアラを懐かしんでいたミレンコブスキが急に笑い出し、思い出話を一つ披露してくれた。

「ハマルは毎試合のようにゴールを決めていたけど、そんな時、一緒に思い出すのは父親の姿なんだ。試合中は離れたところで大騒ぎしながら、あっちこっちに走っていた。だから試合後、いつも汗でびっちょりなんだ(笑)。ハマルのことを思い出す時、いつもすぐそんな父親の微笑ましい姿が頭に浮かんでくるよ」

 ムシアラ家族がイングランドへ引っ越してからも交流は続いていたという。時折父親や母親と電話をかけあっては、お互いの近況を報告しあっていたそうだ。

「イングランドに引っ越した後、一度4カ月間ドイツに戻って僕らのクラブでプレーしていたこともあるんだよ。それからも父親や母親とはコンタクトがあって、ハマルの成長を聞いたり、僕は彼のチームメートの話を伝えたり。15歳の時にクラブを訪問してくれたんだ。あの頃から将来、ドイツとイングランドとどっちでプレーしたいかを真剣に考えていたなぁ」

 1人のサッカー少年がドイツからイングランドへ渡り、チェルシーで育成期を過ごし、バイエルンへ移籍で移り、いま代表選手として次の扉を開いた。その途上でムシアラはミレンコブスキをはじめ、いろんな人と出会い、様々な縁があったことだろう。そして謙虚な思いと感謝を忘れず、周囲の喧騒に踊らされず自分と向き合ってきたからこそ今がある。極上のポテンシャルを持つ18歳の青年が、これからどのような成長を遂げていくのか。物語はここからだ。

Football ZONE web編集部