リールDFジャロを突き飛ばして退場となり、通路でもひと悶着

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは、現地時間3日に行われたリーグ第31節リール戦(0-1)で相手選手を突き飛ばし、2枚目のイエローカードで退場処分となった。その後、ロッカールームに向かう通路でもひと悶着起こし、母国メディアも「永遠の未熟さ」と指摘している。

 前半20分に先制を許したPSGは、リールの守備を崩せず、時間は刻一刻と過ぎていく。そして、1点ビハインドで迎えた後半44分だった。

 ネイマールは敵陣の左サイド深くでドリブルを仕掛けようとしたが、スリップして転倒。ルーズボールとなり、タッチライン際で球際に飛び込んだネイマールは、リールのポルトガル人DFティアゴ・ジャロと激しくぶつかり合った。そして、ボールをよこせとばかりにジャロを突き飛ばし、スローインでプレーを再開しようとした。

 ベノワ・バスティアン主審は、ネイマールとジャロにイエローカードを提示。どちらもすでにイエローカードを1枚もらっていたため、退場処分となった、ブラジルメディア「UOL」などの報道によれば、ネイマールとジャロはロッカールームに向かう通路でもひと悶着起こしていたという

 ブラジルメディア「UOL」は、「ネイマール、再び退場。永遠の未熟さ。いつまで“子供のネイ”は続く?」との見出しで糾弾。英メディア「GIVE ME SPORT」も、「ネイマールはジャロを無意識のうちに突き飛ばし、2枚目のイエローカードを食らって退場するしかなかった」とし、その後のひと悶着により「別の出場停止処分を受ける可能性もある」と指摘している。

 これまでも、人種差別発言や乱闘騒動など数々の問題を起こしてきたネイマールだが、またしてもネガティブな部分が浮き彫りとなってしまった。

Football ZONE web編集部