今季首位を快走するインテルから2人がランクイン

 1990年代ほど圧倒的ではないものの、イタリアのセリエAは、今でも世界有数のトッププレーヤーが集まるリーグだ。2019-20シーズンまではユベントスが9連覇していたが、今季はインテルが首位を快走している。そんなセリエAで、「最も価値のある5選手」は誰なのか。英スポーツメディア「Sportskeeda」が報じている。

 5位に入ったのは、ACミランとイタリア代表の守護神であるGKジャンルイジ・ドンナルンマで、6000万ユーロ(約78億円)だ。今シーズン限りでミランとの契約が満了となる22歳は、16歳242日というセリエA最年少出場記録を持ち、その後も成長を続けてきた。ユベントス、レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーといったビッグクラブが、獲得に関心を示しているとされるが、ミランとの契約延長交渉が不調に終われば、セリエAだけでなく、移籍市場でも主役になる可能性がある。

 続いて、7000万ユーロ(約91億円)と評価されている選手が2人いる。1人目は、インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス。今季セリエAで28試合に出場し14得点8アシストを記録し、首位に立つクラブに貢献している。バルセロナが獲得に関心を示しているとされるが、仮に移籍となった場合、2018年にアルゼンチンのラシンから2400万ユーロ(約31億円)で加入したストライカーは、どれだけの移籍金をクラブに残すことになるだろうか。

 ラウタロと並び、3位に入ったのは、ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチだ。2015年にわずか400万ユーロ(約5億2000万円)の移籍金でラツィオに加入したミリンコビッチ=サビッチは、セリエAを代表するセントラルMFになった。パリ・サンジェルマン(PSG)、レアル、アトレティコ・マドリード、バルセロナ、そしてユナイテッドといった各国ビッグクラブが、その動向に注視しているという。

デ・リフトはリーグ2位も評価額が獲得時の移籍金を下回る

 2位に入ったのは、ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト。今季、10年ぶりにタイトルを逃すことが濃厚となったユーベで、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらを抑え、最高額となる7500万ユーロ(約98億円)の評価を受けている。ただし、2018-19シーズンにアヤックスでUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出を果たした直後、ユベントスは8550万ユーロ(約111億5000万円)で獲得している。評価額が当時の金額を上回るまでには、さらなる活躍が求められる。

 そして今季のセリエAで最高額となった選手は、ベルギー代表FWロメル・ルカクだ。チェルシーやユナイテッドでもプレーしたストライカーは、9000万ユーロ(約117億5000万円)の評価を受けている。2019年にユナイテッドから加入すると、セリエA63試合出場で43得点9アシストを記録。今季はここまで20得点7アシストの大活躍を見せ、首位に立つインテルをけん引している。記事では「もしインテルが11年ぶりのセリエA優勝を成し遂げたら、真っ先に感謝すべきはロメル・ルカクだ」と、その貢献ぶりを特筆している。

Football ZONE web編集部