ベトナム1部サイゴンに所属する松井大輔が公式インスタグラムを更新

 ベトナム1部サイゴンFCの元日本代表MF松井大輔が、公式インスタグラムを更新した。ベトナムではオフの日にゴルフを楽しんでいるようで、自身のドライバーショット動画を公開している。

 39歳の松井は2000年に京都パープルサンガ(当時)でプロデビュー。04年にフランスへ渡った後は、国内外のクラブを転々とし、2018年から昨年までの3シーズンは横浜FCでプレーした。昨季リーグ戦では3試合の出場にとどまっていたなか、ベトナム1部リーグのサイゴンFCから獲得オファーが届き、新たな挑戦に踏み出している。

 松井は開幕8試合中5戦でスタメン出場。トップ下として攻撃のアクセント役を求められている。

 そんななか、松井は公式インスタグラムを更新。オフの日にゴルフへ出かけた様子を公開し、自身のドライバーショットを投稿している。

「ドライバーショット。真っ直ぐ飛んだのは数回だけ。だいたいスライス #golf #vietnam #hochiminh #saigon #golfswing #golfshot #初心者 #初 #初ラウンド #ドライバー #ベトナム #ゴルフ #style #ゴルフスイング #training #あるのみ」

 自然に囲まれた異国の地での息抜きにファンからも反響を呼んでいる。

「ファー」
「綺麗!」
「体柔らかいですねー」
「気持ち良い緑の中でナイスショット」
「めちゃくちゃフォームキレイ」

 チームは5連敗となかなか波に乗れていないが、松井にとっては良い気分転換となったようだ。

Football ZONE web編集部