鎌田大地が3位ヴォルフスブルク相手に1得点1アシストの活躍で勝利に貢献

 ドイツ1部フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地は、現地時間10日のブンデスリーガ第28節ヴォルフスブルク戦で1得点1アシストを記録し、4-3の勝利に貢献した。リーグ最少失点を誇る相手に、壮絶な打ち合いで勝利。鎌田は今季5点目をマークした。

 前半6分に先制を許したホームのフランクフルトはその2分後、ドイツ代表MFエリック・ドゥルムの右サイドからの折り返しを、ドイツ人MFセバスティアン・ローデがスルー。ペナルティーエリア内中央で待ち構えていた鎌田が右足を振り抜き、グラウンダーの一撃をゴール左隅に流し込んですかさず同点とした。

互いに1点ずつを奪って迎えた後半9分には、敵陣でボールを奪った鎌田がドリブルで持ち込み、右サイドを走るポルトガル代表FWアンドレ・シルバへスルーパス。これを25歳のエースがきっちり流し込み、フランクフルトが勝ち越した。その後、4点目を奪ったフランクフルトに対し、ヴォルフスブルクも相手のオウンゴールで1点を返したが、激しい打ち合いは4-3でフランクフルトに軍配が上がった。

 4位のフランクフルトは3位ヴォルフスブルク相手に貴重な勝ち点3をゲット。鎌田は試合後、自身の公式ツイッターでパフォーマンスを振り返った。

「今年はどうやら大事な試合で持ってますね。スコアポイントも正真正銘15のせたしどこまで伸ばせるかかなあとは!」(原文ママ)

 今季は、この日のヴォルフスブルクに加え、首位バイエルンや2位RBライプツィヒ、5位ドルトムントなど強豪相手にゴールを決めてきた鎌田。さらにアシスト数はリーグ3位タイの10に乗せ、ゴール数を合わせた“スコアポイント”を15に乗せた。

 目標のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場に向けて残り6試合も必ず鎌田の力が必要になるはずだ。

Football ZONE web編集部