【世界年代別ベストイレブン|1976年生まれ編】ロナウド、シェフチェンコ、ファン・ニステルローイが並ぶ3トップは破壊力抜群

 才能豊かな選手を多数輩出した「黄金世代」は世界各地に存在し、伝説のチームとして一時代を築いてきたが、果たして史上最強の「生まれ年」はいつなのか。きら星の如く存在する各国スター選手を生まれ年ごとに分けて、世界の「年代別ベストイレブン」を編成。今回は1976年生まれを特集する。

 1976年は、史上最強の生まれ年の有力候補の一つだ。FWの顔ぶれだけを見ても、その充実ぶりが分かる。1997年と2002年にバロンドールを受賞した元ブラジル代表FWロナウド、さらに2004年にバロンドールを受賞した元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコもいる。この2人のバロンドーラーがメンバーリストに並んでいるだけで、対戦相手の監督は頭を悩ませることになるだろう。

 しかし、76年生まれのFWには他にも多くのスター選手がいる。その1人が元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティだ。ローマ一筋のキャリアを送り、セリエAの優勝経験、さらに2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)でもイタリアの通算4回目となるW杯優勝の中心的存在となった。また、オランダが生んだ生粋の点取り屋である元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイの存在も語り落とせない。マンチェスター・ユナイテッド時代には150試合で95得点、続くレアル・マドリードでも68試合で46得点と、驚異的なペースで得点を重ねた。

 さらに、このファン・ニステルローイと全く同じ日に生まれた元オランダ代表FWパトリック・クライファート、U-23時代にナイジェリア代表をアトランタ五輪の金メダルに導いたFWヌワンコ・カヌ、ウルグアイを代表する左利きのファンタジスタであるFWアルバロ・レコバ、元スペイン代表FWフェルナンド・モリエンテスと、セカンドチームの選手を選抜することも困難なほどスター選手が集まっている。今回はロナウド、ファン・ニステルローイ、シェフチェンコを3トップにし、トッティをトップ下に置くことにした。

 前線を3トップにして、さらにトップ下にトッティを入れたことで、MFは多くても3人となる。この3枚を選択するのも、至難の業だ。まず、候補に挙がるのがアヤックス、レアル、ACミランと異なる3つのクラブでUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制した元オランダ代表MFクラレンス・セードルフだ。また、元フランス代表MFパトリック・ヴィエラも外せないだろう。アーセナルでプレミアリーグを3度、インテルでセリエAを3度制したほか、フランス代表としても1998年W杯優勝、2000年欧州選手権(EURO)優勝と輝かしい実績を誇る。

中盤も多士済々、数々のタイトルを獲得した名手が揃う

 そのほかにも、レバークーゼンやバイエルン・ミュンヘン、チェルシーで活躍した元ドイツ代表MFミヒャエル・バラック。ローマやユベントスで活躍した元ブラジル代表MFエメルソン、アーセナルで活躍し2002年日韓W杯王者の元ブラジル代表MFジウベルト・シウバ、堅実な守備でアンカーを務め、2008年のEUROを制した元スペイン代表MFマルコス・セナと、頭を悩ませるほどの名プレーヤーが揃う。今回はバラックを選び、セカンドチームにブラジル出身の選手たちを並べることとした。

 最終ラインには、前線と中盤ほど多くのスターはいない。それでも、イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタ、コロンビア代表DFイバン・コルドバといった大陸を代表する2人が固める中央は強固だ。3バックとなるため、もう1人はドイツの名門バイエルンで10年以上にわたって活躍した屈強なセンターバック、元ガーナ代表DFサミュエル・クフォーを選出した。

 GKには、プレミアリーグでの実績が十分な元アイルランド代表GKシェイ・ギブンを選択。ポルトガル代表での実績が豊富なGKリカルド・ペレイラ、デンマーク代表の守護神GKトーマス・セーレンセンもいるが、他のポジションに比べると少し格は落ちるか。

 なお、彼らが生まれた1976年は、元ドイツ代表DFフランツ・ベッケンバウアーがバロンドールを受賞。チャンピオンズカップでは、バイエルンが優勝している。なおEUROは、旧チェコスロバキアが決勝で西ドイツを下して初優勝を飾った(2-2/PK5-3)。PK戦で最後のキッカーを務めたのが元チェコスロバキア代表MFアントニーン・パネンカで、彼がフワリと蹴ったチップキックによるPKのシュートは、その後、彼の名前から「パネンカ」と呼ばれるようになった。この技を得意としたトッティは、この年に生まれ、2000年のEUROで「パネンカ」を決めている。

Football ZONE web編集部