【日本人選手・年代別ベストイレブン|1976年度生まれ編】超強力な3トップを“司令塔”中田英寿がコントロール

 日本代表やJリーグに数多くのタレントを輩出した輝かしい世代はいつなのか。ここでは日本の“学年”の区切りに合わせた年度別の「年代別ベストイレブン」を編成。今回は1976年度(76年4月2日〜77年4月1日)生まれを見ていく。

 1976年度生まれの日本人Jリーガーは計76名で、日本代表に選出された選手は12名もいる。しかもワールドカップ(W杯)出場選手は7名、国際Aマッチを50試合以上戦った選手が5名という当たり年だ。FWから最終ラインまで、実にタレント揃いの年代となっている。

 3トップには、2002年の日韓W杯に出場したFW鈴木隆行とFW西澤明訓、そしてW杯出場こそ実現しなかったが、その能力は日本人屈指だった“ドラゴン”FW久保竜彦の3選手を起用する。泥臭く、献身的なプレーでプレッシングも怠らない鈴木に対し、久保と西澤は持ち前の身体能力を生かして、驚くようなゴールを決めてくれる存在だ。鈴木は日本代表55試合で11ゴール、久保は32試合11ゴール、西澤は29試合10ゴールと、全員が国際Aマッチで二桁得点を記録している。

 トップ下には、日本人選手の欧州への扉を開いたパイオニアであるMF中田英寿。GKの楢﨑正剛とともに、この年代で最多タイの77キャップを誇る。中田は飛び級で各年代別の日本代表を戦っており、五輪は1996年のアトランタ大会と2000年のシドニー大会、W杯には1998年フランス退会、2002年日韓大会、06年ドイツ大会に出場した。ジーコ監督の下ではボランチとしてプレーしたが、このチームではトップ下に置き、強力な3トップを操りながら自らも相手ゴールに迫ってもらいたい。

 3-4-3の中盤右サイドには高校時代から人気を博し、高精度クロスを武器にFC東京やV・ファーレン長崎で活躍したMF佐藤由紀彦を置く。左には攻守のバランスを考え、日本代表では右サイドを本職としながらも、大宮アルディージャや復帰後の横浜F・マリノスで左サイドバックを務めていたDF波戸康広を回した。そして中盤の底には、ブラジル代表MFドゥンガにボランチのイロハを叩き込まれ、ジュビロ磐田の黄金期を支えたMF福西崇史を配置する。日本代表でも64試合に出場しており、中田らとのコンビネーションも万全だ。

3バックの軸は日韓W杯で共闘した宮本恒靖と松田直樹の“早生まれ”コンビ

 3バックの候補には5人の日本代表経験者がいる。まずは3バックの中央として、2002年日韓W杯でのフェイスガード姿が話題となったDF宮本恒靖を置きたい。ジーコジャパン時代には不動のキャプテンを務めるなど、国際Aマッチ通算71試合に出場したリーダーシップはチームに不可欠だろう。

 そして宮本の右には、同じ“1977年早生まれ組”で日韓W杯でも共闘したDF松田直樹を置く。中田とともに飛び級で年代別代表に選出されてきた世代を象徴する選手の1人。日本人離れしたスケールの大きなセンターバックで、闘志あふれるプレーで多くのファンに愛された。

 残り一つの3バックの枠には、ジェフユナイテッド千葉や磐田で活躍したDF茶野隆行を起用したい。市立船橋高校で高校サッカー選手権を制し、同学年のFW森崎嘉之、DF鈴木和裕とともに市原(当時)に加入した。代表デビューは28歳と遅咲きだったが、計7試合に出場。そして守護神には、1学年上のGK川口能活と長らく日本代表のポジションを争った楢﨑以外の選択肢はないだろう。

 多くの実力者がひしめく世代だけに、セカンドチームにも魅力的なメンバーが並ぶ。FW安永聡太郎とFW久保山由清、FW吉田孝行の前線はJリーグでの実績が豊富で、トップ下には“天才”と呼ばれたMF財前宣之。負傷に苦しみ、A代表に到達することはできなかったが、1993年U-17世界選手権(現U-17W杯)では大会ベストイレブンに選出されるほどの突出した才能の持ち主だった。日本代表キャップを持つDF箕輪義信、DF米山篤志らを含めて、攻守に“当たり年”と言える世代だろう。

Football ZONE web編集部