ジダン監督がフィジカル強化要求!? 専門メディア言及「技術的な価値を知っているが…」

 スペイン1部ヘタフェは、現地時間18日にホームでのリーガ・エスパニョーラ第33節で強豪レアル・マドリードと対戦する。期限付き移籍中の日本代表MF久保建英にとっては保有権を持つ“所属元クラブ”と今季3度目の対戦となるが、レアル専門メディアはジネディーヌ・ジダン監督も久保に対してフィジカル的な「目に見える変化」を求めていると伝えている。

 久保は2019年夏、FC東京からスペインの名門レアルへ移籍。1年目はマジョルカへレンタルとなり、リーグ戦35試合に出場して4得点4アシストを記録した。今季は強豪ビジャレアルに再びレンタルとなったが、ウナイ・エメリ監督率いるチームのなかで定位置を掴めず。リーグ戦13試合(うち先発2試合)で計291分間のプレーにとどまった。

 今年1月、ヘタフェにシーズン終了までの期限付き移籍となったが、当初のスタメン起用から6試合連続でベンチスタートになるなど、苦しい状況は続いている。3月にU-24日本代表の活動を経てチームに再合流後、4月10日のリーガ第30節カディス戦(0-1)ではトップ下で先発出場するも、見せ場なく後半6分に交代を告げられていた。

 久保はビジャレアルに所属していた昨年11月にレアルと対戦(後半44分からの出場)。ヘタフェ移籍後の今年2月にも延期となっていた開幕戦で後半10分から“白い巨人”と対峙しており、18日が今季3回目の対戦となる。

 そのなかで、レアル専門メディア「Defensa Central」は、ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が久保について、「彼が少し若く、特にフィジカル面で熟成する必要があるのは間違いない。もしフィジカル面を一つ前進させることができれば、本当に凄い選手になれる才能を備えている」と語ったコメントを紹介しつつ、レアルも同様の見解だとしている。

「レアル・マドリードはクボの将来に大きな期待を寄せているが、チームに定着するためにはフィジカル的に良くなるべきだと考えている。ジダン(監督)は選手の技術的な価値を知っているが、レアル・マドリードでプレーするため、より具体的には欧州ではフィジカル的に目に見える変化をすべきとの認識がある」

 今季もレアル戦を含めて残り8試合。久保はレンタル先のヘタフェで結果を残し、来季へとつなげられるだろうか。

Football ZONE web編集部