ビジャレアル戦で相手MFトリゲロスから痛烈なタックルを食らうも大事には至らず

 バルセロナは現地時間25日、敵地でのリーガ・エスパニョーラ第32節でビジャレアルに2-1で勝利した。エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはノーゴールだったなか、後半20分のタックル被害が海外メディアで取り上げられている。

 前半26分に先制を許したバルセロナは、直後にMFオスカル・ミンゲサのパスに抜け出したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがペナルティーエリア内から左足で華麗なループシュートを突き刺して同点に追いつく。さらに、同35分には相手のバックパスを奪ったグリーズマンがダイレクトシュートでネットを揺らし、一気に勝ち越した。

 2トップを組んだメッシが、ひやりとさせられたのは1点リードで迎えた後半20分。球際に左足を出した際、別角度からビジャレアルMFマヌ・トリゲロスがタックルを仕掛け、メッシを直撃。転倒したメッシは左足を押さえたまま、しばらく動けなかった。

 大事には至らず最終的にフル出場したが、英サッカー情報サイト「CaughtOffside」は「ビジャレアルのマヌ・トリゲロスが、バルセロナのスーパースターであるリオネル・メッシへの衝撃的な足裏チャレンジで一発退場」との見出しで注目。「トリゲロスのチャレンジはワイルドで危険。幸いなことに、メッシに長期的欠場を強いるようなダメージはなかった」と伝えた。

 また、英スポーツチャンネル「Premier Sports」公式ツイッターも「究極のホラータックル」とトリゲロスのチャレンジを取り上げている。

 暫定3位のバルセロナは、アトレティコ・マドリード、レアル・マドリードと熾烈な優勝争いを繰り広げているだけに、エースのメッシが大怪我をせずに済んだのは朗報と言えるかもしれない。

Football ZONE web編集部