直近の公式戦14試合14ゴール! イヘアナチョがチームを救う弾丸シュート

 レスター・シティは現地時間26日、プレミアリーグ第33節でクリスタル・パレスと対戦し、2-1と逆転勝利を収めた。来季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ勝ち点3を積み上げたなか、後半35分に生まれたナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョの衝撃的な決勝ゴールに対し、「シュートまでの足の振り速すぎ」など驚きの声が上がっている。

 今季のプレミアリーグで好調を維持するレスターは、ホームにクリスタル・パレスを迎えた。“トップ4”入りに向けて確実に勝利を収めたい一戦だったが、前半12分に先制を許してしまう。後半5分にDFティモシー・カスターニュのゴールで同点に追いつくも、なかなか勝ち越し点が奪えない。そんなチームを救ったのが、直近の公式戦13試合で13ゴールを決めていたイヘアナチョだった。

 後半35分、最終ラインのDFジョニー・エヴァンスからの縦パスに反応したイヘアナチョは、敵陣ペナルティーエリア内の右サイドでボールを足もとに収めると、相手DFパトリック・ファン・アーンホルトをブロックしながらキープし反転。シュートコースをDFスコット・ダンが塞ぎにきたが、左足のアウトサイドで体半分かわすとコンパクトな振りで左足を一閃。弾丸シュートがニア上を射抜き、相手GKビセンテ・グアイタは呆然と立ち尽くした。

 圧巻のスーパーゴールを、スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが「ネットをぶち破るようなロケット砲 イヘアナチョの衝撃ゴールで3位レスターが逆転勝利」との一文を添えて動画を公開。ファンからも「何度見てもヤバい」「えぐいゴール」「こりゃ凄ぇ…」「1個ずらしてから、シュートまでの足の振り速すぎ」など感嘆の声が寄せられた。

 これで直近の公式戦14試合14ゴールとなったイヘアナチョ。トップ4入りへ向け、さらなる爆発となるのか注目が集まる。

Football ZONE web編集部