松井も給料未払いを経験「海外ではよくあるよね」

 セルビア1部パルチザンの日本代表FW浅野拓磨は、2日に自身のSNS上でクラブとの契約解除を発表し、パルチザン側は一方的な契約不履行との見解を示して波紋が広がっている。そのなかで、海外リーグでのプレー経験が豊富な元日本代表MF松井大輔は、体験談を交えて「自分を信じて頑張ってください」とエールを送っている。

 浅野は2019年夏にアーセナルからパルチザンへ完全移籍し、3年契約を締結。加入1年目の昨季はリーグ戦23試合4ゴールにとどまったが、今季はシーズン序盤から得点を量産し、欧州主要1部リーグにおけるシーズン日本人最多得点記録を更新する18ゴールをマークしている。

 クラブの財政的な事情から今夏での退団が報じられていたなか、2日に自身のインスタグラムで電撃的に契約解除を発表。度重なる給与等の未払いからクラブへの信頼を失ったことが主な要因だと明かした。これを受けてパルチザン側も公式サイトで声明を発表し、「根拠のない退団と契約条項の違反により、すべての法的手段を取り、FIFA(国際サッカー連名)の管轄機関に対して訴訟を起こします」と主張した。

 フランス、ロシア、ブルガリア、ポーランド、今季から自身5か国目となるベトナムのサイゴンFCでプレーする松井が、インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で浅野の件について自身の見解を述べた。

「海外ではよくあるよね。給料未払い、僕の時もあった。今もあるか分からないが、3カ月未払いの場合は移籍金なしのフリーで移籍できたけどね。浅野くんの主張は当たり前だけど。所属しているチームメイト、自国の選手たちには払われて外国人には未払いとかはよくある話だからそのギャップはあるかもね」

「それに選手の寿命は短いし海外ならなおさら。ビッグクラブに行けるチャンスがあるなら前に進むべきだよ。しっかりと代理人と話すことだね。サッカー選手は個人事業主。海外では自分の身は自分で守らないといけない時があるよね。自分を信じて頑張ってください」

 松井も実際に給料未払いを体験したことを告白。当時は、3カ月未払いの場合、フリートランスファーで自由に移籍できたという。自国の選手と外国籍選手で対応が異なることも指摘したうえで、浅野にエールを送っていた。

Football ZONE web編集部