チアゴ・シウバの妻イザベルさんが、CLレアル戦の先制点をSNSで称賛

 チェルシーは5日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦で、レアル・マドリードに2-0で勝利した。2試合合計スコアを3-1として、9年ぶりとなる決勝進出を果たしている。この試合の先制点は、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが決めたが、あるチームメートの妻がSNSに投稿した内容が話題となっている。

 シーズン中盤戦以降、不振に陥ったヴェルナーは公式戦47試合で12得点と、昨シーズンのブンデスリーガで28ゴールを叩き出した決定力は影を潜めていた。大きな批判を浴びていたヴェルナーに対して、予想しないところから批判が噴出したのは、レアル・マドリードとの準決勝第1戦(1-1)の試合後だった。

 この試合でヴェルナーは、ほぼゴールエリア上からシュートを放ったが、ベルギー代表GKティボー・クルトワに阻まれて、絶好のチャンスを逃した。これに激怒したのが、チームメートであるブラジル代表DFチアゴ・シウバの妻イザベルである。彼女は試合中に「これは何かの因縁なの。私が行くすべてのチームには、ゴールを外し続けるストライカーがいるわ。彼はヴェルナーだっけ? 名前合っている?」と言い、さらに「私たちにはゴールが必要なの。この試合に勝たないといけないの。それなのに私のアタッカーは、点を取ろうとしない。なぜ、点を取れないのか、理解できない」と、不満をぶちまけた。

 この投稿は、英国内でも大きな話題となり、彼女のヴェルナーに対する不満に賛同する者も少なくなかった。そんな状況で迎えたCL準決勝第2戦で、ヴェルナーはフランス代表MFエンゴロ・カンテからのパスを受けてカウンターの起点となりゴール前に走りこんで、ドイツ代表FWカイ・ハヴェルツのシュートがポストに嫌われたところを、しっかり押し込み先制ゴールを決めた。

 英メディア「GIVE ME SPORT」は、このゴールについて「ヴェルナーは、そのキャリアでも最も簡単なゴールを決める」と見出しを付け、「ゴール前で決定力のなさを示し続けてきたヴェルナーであっても、ゴール前2ヤードの距離からのヘディングは外さなかった」と揶揄するように報じたが、イザベルさんはゴールに歓喜するとともに、ヴェルナーを称賛する動画をアップした。

「私が求めていたのは、それよ。あなたは点の取り方を知っているのよ」

「ヴェルナー、素晴らしい。私が求めていたのは、それよ。あなたは点の取り方を知っているのよ。あなたは最高よ! 愛している!」と言い、ニコニコと笑う子供の前で、サムズアップして見せた。

 試合後、ヴェルナーは「僕たちは(リーグ戦で)トップ4に向かっている。CLもFA杯でも優勝できる可能性がある。このチームが、今日やったことは信じられないよ。ボールを長く持っていたわけではないけれど、試合をコントロールした方法、そしてすべてのポジションに世界レベルの選手がいる相手に対してリズムをつくった。僕たちは若いけれど、同じ間違いをするほどバカではないし、今日はとてもとても良かった」とコメントした。

 批判を浴びながらも、チームを欧州最高峰の戦いの結晶に導いたヴェルナー。決勝でも、ヴェルナーのパフォーマンスとイザベルさんが注目を集めることになりそうだ。

Football ZONE web編集部