トッテナムFWソン・フンミン、キャリア最高のパフォーマンスを披露

 マンチェスター・シティが2季ぶりのタイトル奪還に近づいている今季のプレミアリーグ。そのなかでも最も印象的な活躍を披露したFWは一体誰なのか。英紙「デイリー・ミラー」がランキング形式でベスト10を選出。トップ3にトッテナムの“最強2トップ”が名を連ねる結果となった。

 今季は一昨シーズンの得点王であるアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンや、今季限りでマンチェスター・シティを退団するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロらベテランがトップフォームから遠ざかっていた一方で、レスター・シティの躍進に貢献したナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ(10位)や、ウェストハム移籍で輝きを取り戻したイングランド代表FWジェシー・リンガード(5位)が復活を印象づけた。

 そうしたなかで堂々3位には、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンがランクインした。ここまで16得点で得点ランク3位タイに位置しているだけでなく、10アシストも記録。イングランド代表FWハリー・ケインとのコンビはプレミア最強とも称され、在籍6年目でキャリアハイとも言えるパフォーマンスを見せている。

 ソン・フンミンについての寸評では、元マンチェスター・ユナイテッドのアンディ・コールとドワイト・ヨーク、元アーセナルのティエリ・アンリとデニス・ベルカンプ、元ブラックバーンのアラン・シアラーとクリス・サットンといった歴代のコンビと比較されたうえで、「これらの象徴的なコンビに匹敵する」と絶賛されている。

 2位はチームがやや低調だったなかでも、リーグ2位の20得点を挙げているリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーだ。前線でユニットを組むセネガル代表FWサディオ・マネが8得点、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが6得点と苦しんでいるが、サラーは一人気を吐き、自身3度目の得点王獲得も視野に入れている。

トッテナムFWケインは「ずば抜けたストライカー」と称賛

 そして、そのサラーを抑えて1位になったのは、トッテナム不動のエースFWケインだ。得点ランキング1位の21得点に加え、13のアシストも記録。1人で34得点に関与する文字通り圧倒的な活躍を示した。寸評でも「今季のプレミアリーグでずば抜けたストライカー」と称賛されている。

 トッテナムは現在6位とチームとしては苦戦を強いられているものの、ケインとソン・フンミンの2トップの活躍は今季のプレミアリーグを象徴するものだったと言えるだろう。

「デイリー・ミラー」による今季プレミアリーグの「FWベスト10ランキング」は以下の通り。

1位 ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド)
2位 モハメド・サラー(リバプール/エジプト)
3位 ソン・フンミン(トッテナム/韓国)
4位 ジャック・グリーリッシュ(アストン・ビラ/イングランド)
5位 ジェシー・リンガード(ウェストハム/イングランド)
6位 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
7位 ドミニク・キャルバート=ルーウィン(エバートン/イングランド)
8位 パトリック・バンフォード(リーズ・ユナイテッド/イングランド)
9位 フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ/イングランド)
10位 ケレチ・イヘアナチョ(レスター・シティ/ナイジェリア)

Football ZONE web編集部