圧巻の技術でゴールに迫ったアトレティコ戦のワンシーンが話題に

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間8日のリーガ・エスパニョーラ第35節アトレティコ・マドリード戦(0-0)で不発に終わったが、圧巻の技術で相手6人を翻弄したワンシーンが話題になっている。海外メディアがそのシーンに注目すると、海外ファンからは「あなたはマラドーナ?」「世界最高水準の技術だ」などの声が寄せられた。

 タイトル奪取へ負けられない首位アトレティコとの”大一番”で、エースFWメッシは攻撃の中心として再三ゴールへ迫ったものの、ここ4戦5発の得点力は鳴りを潜めた。一方で、圧巻の技術でゴールを脅かした前半41分のワンシーンが話題となっている。

 敵陣右サイド、ハーフウェーライン付近でボールを受けたメッシは、そのままドリブルを開始。緩急を使い分けながら1人を抜き去りペナルティーエリア(PA)手前まで進むと、相手を1人、2人とかわし、3人が一気に寄せてきた瞬間、巧みなステップで左へと持ち出し、PA内から左足シュートを放った。

 強烈な一撃は相手守護神のスロベニア代表GKヤン・オブラクの好反応によって阻まれたが、6人を翻弄した決定的瞬間に対し、英メディア「スポーツ・バイブル」が「バルセロナ史上最高のゴールに迫る」と見出しを打って報じるなど、海外メディアが続々と反応している。

 スポーツチャンネル「イレブンスポーツ」ポルトガル版公式インスタグラムもこのシーンに注目し動画を投稿すると、海外ファンからは「あなたはマラドーナ?」「なんというプレーヤー」「世界最高水準の技術だ」といった声があがり、極上のテクニックに賛辞が送られていた。

Football ZONE web編集部