【英国発ニュースの“深層”】岡崎の古巣レスター、“5度目の正直”でFAカップ王者に輝く

 レスターがFAカップ初優勝を果たした。1969年以来52年ぶりの決勝進出だったそうだ。1884年のクラブ創設以来、今回で5度目のファイナリストとなっていた。そしてまさに“5度目の正直”で、1871年に始まった世界最古のカップ戦を制することになった。

 今回の決勝、チェルシーファンには申し訳ないが、私はレスターを応援した。“岡ちゃん”こと日本代表FW岡崎慎司(現ウエスカ)が2015-16シーズンから所属した4年間、文字通り、イングランド中部のレスターに通い続けた。その温かい、まさに家族的なクラブに触れて、スタッフや広報官とも友情が生まれていた。

 テレビ中継を通してだが、心からそんな愛着あるレスターを応援した。伝統のカップ戦は「BBC」が放映した。司会を担当したのは、レスター出身で生粋のレスターサポーターであるギャリー・リネカー。試合前に「もしも優勝したら番組中でも泣くかもしれない」とツイッターで呟いていた。

 そんなリネカーに率いられたおかげで、解説陣の優勝予想も、チェルシーOBのアシュリー・コールを除いて、アラン・シアラー、イアン・ライトが笑顔で“ギャリーの心意気に一票”とばかりに、レスターの勝利を予言した。

 そうしたら本当にレスターが優勝した。後半18分、ベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスが豪快に決めた25メートルのミドルで奪った決勝点は、まさしくスーパーゴール。GKカスパー・シュマイケルが昨季までの同僚DFベン・チルウェルのヘディングとイングランド代表MFメイソン・マウントが放った強烈なハーフボレーシュートを、これもまさしくスーパーセーブで止めた。

 さらに岡崎在籍時の不動の主将センターバックだったDFウェズ・モーガンが守備固めで起用されたが、後半44分という土壇場で、チルウェルが至近距離から放ったクロスで生まれた混乱のなか、ボールをゴールに蹴り込みオウンゴールを与えてレスターファンに激痛が走った。しかし、このチェルシーの同点弾が、VARで取り消されるというドラマも生まれ、決勝に相応しい興奮を生み、素晴らしい試合となった。

 しかし、試合後にもレスター優勝の勝利の美酒の味を格別にする、さらなる感激のシーンが生まれた。

ピッチに下りたタイ人オーナーも一緒に歓喜、レスターこそFA杯王者にふさわしい

 それはまずレスターのアイヤワット・スリバダナプラバ・オーナーが、試合終了後に胸の前で手を合わせて、天を見上げた場面。2018年10月29日、父のビチャイ・スリバダナプラバ・前オーナーが死亡したヘリコプター墜落事故は世界に衝撃を与えたが、チャンピオンシップ(英2部リーグ)に定着しつつあったレスターに惜しげもなく私財を投入し、プレミアに引き上げて奇跡のリーグ優勝を成し遂げた偉大な父に、天を仰いで2016年に続く大勝利の報告をしたシーンがテレビ画面に大写しとなった時、レスターファンならずとも、感動を覚えた人は少なからずいたに違いない。

 そしてその小太りの小さなタイ人が観客席からピッチに駆け下りると、まずはベテランのモーガンとしっかりと抱擁。そしてブレンダン・ロジャーズ監督とも涙が滲んだ目でがっちりと抱き合った。さらにはシュマイケルに優勝トロフィーを手渡され、選手の作った輪の中央で、そのトロフィーを高々と掲げた。そしてその後も選手と一緒に飛び跳ねながら「カンピオーネ! カンピオーネ!」と大合唱していた。

 この光景を見て、レスターこそ今回のFAカップ優勝にふさわしいチームだと思った。例えば、今回の欧州スーパーリーグ騒動に加わったオーナー連中や経営者が、こうして選手とともに優勝のセレブレーションに加わるシーンが想像できるだろうか。グレイザー一家が、スタン・クロンケが、ダニエル・レヴィ会長が、ジョン・ヘンリーやアブダビのロイヤル・ファミリーが、こうやって自分のチームの優勝を祝うことができるのだろうか。

 もちろん、チェルシーのオーナーであるロマン・アブラモビッチにしても、きっとできないし、やろうとしないだろう。

 残念ながら、昨年に続けて決勝で負けたチェルシーには、そうしたトップの意気込みからして、レスターほどの優勝への意欲がなかったと言うしかない。

 もちろん、FAカップの優勝賞金は200万ポンド足らず(約3億1600万円)。年々優勝の重みがなくなっているのは分かるし、まさしく入ってくる金額の桁が違うプレミアやUEFAチャンピオンズリーグにビッグクラブが全勢力を傾けるのも当然だろう。しかし戦力差で勝ち進んだとしても、やはりそれだけでは決勝の舞台で勝利の女神は微笑まないようだ。

 今回、オーナーが試合後に見せた歓喜で証明したように、今回のレスターにはFAカップ優勝にかける情熱でチェルシーを勝っていたことは明らかだった。

Football ZONE web編集部