【世界年代別ベストイレブン|1967年生まれ編】トップ下にバッジョ、3トップは技術・速さ・高さの3拍子が揃った組み合わせ

 才能豊かな選手を多数輩出した「黄金世代」は世界各地に存在し、伝説のチームとして一時代を築いてきたが、果たして史上最強の「生まれ年」はいつなのか。きら星の如く存在する各国スター選手を生まれ年ごとに分けて、世界の「年代別ベストイレブン」を編成。今回は1967年生まれを特集する。

 この年代は攻撃と守備の要となる選手が、両方ともバロンドールを受賞している珍しい年代だ。

 攻撃の中心はイタリア最高のファンタジスタと名高い、元イタリア代表FWロベルト・バッジョ。1993年にバロンドールを受賞したバッジョは、創造性にあふれ、誰も想像できないようなプレーを高い技術で体現し、何よりも結果が求められるイタリアの観衆をも魅了してきた。

 そして守備陣の柱が、1996年にバロンドールを受賞した元ドイツ代表DFマティアス・ザマーだ。相手の先を読み、ボールを奪う高い守備能力に加え、前線へ攻め上がってゴールに絡むプレーは、一つの戦術のようでさえあった。怪我に苦しみ、早期の引退を迫られたことが残念だ。

 この年代には有力なFWが多いため、バッジョはトップ下で起用。3トップには、左ウイングに元フランス代表FWダビド・ジノラ、右ウイングに元アルゼンチン代表FWクラウディオ・カニーヒア、そしてセンターフォワードに元チリ代表FWイバン・サモラーノを並べる。左サイドのジノラは、抜群のテクニックを生かして相手の守備を切り裂いたドリブラー。一方、右サイドのカニーヒアは突出したスピードの持ち主。1990年イタリア・ワールドカップ(W杯)ではFWディエゴ・マラドーナとコンビを組み、アルゼンチンの2大会連続決勝進出に貢献した。

 サモラーノは身長178センチながら、驚異的な跳躍力を誇り「ヘリコプター」と呼ばれた。チリ代表ではFWマルセロ・サラスとの「ササ・コンビ」が有名だ。インテル時代には背番号9を元ブラジル代表FWロナウドに譲ったが、自身も9番に人並み以上の愛着を持っていたため、背番号を18として「1」と「8」の間に「+」と入れていたことでも知られる。この3トップは、技術・速さ・高さの3拍子が揃った組み合わせと言えるだろう。

中盤には司令塔メラーとガスコイン、3バックの顔ぶれも豪華

 バッジョがトップ下に入る中盤には、ドイツの異才である元ドイツ代表MFアンドレアス・メラーを入れる。自らゴールも決められるアタッカーであり、チャンスメーカーでもあったメラーはセットプレーも得意。代表では90年イタリアW杯では控えメンバーだったが世界一を経験し、96年欧州選手権(EURO)では中心選手として母国を優勝に導いた。クラブでも司令塔として、97年にはドルトムントをトヨタカップ(現・FIFAクラブワールドカップ)優勝に導いている。

 もう1人は、元イングランド代表MFポール・ガスコインは外せないだろう。サッカー選手というよりも、ラグビー選手のような体型だったが、素晴らしいドリブルテクニックとパスセンスで、イングランドらしからぬ選手だった。国民に愛されるキャラクターだったが、ピッチ外ではトラブルが絶えなかった一面も。そして中盤の底にはもう1人の「ポール」、元イングランド代表MFポール・インスを配置する。ハードワークを厭わず、激しいチェックでボールを奪い取るインスは、最前線への飛び出しも大きな武器だが、バッジョ、メラー、ガスコインが並ぶチームでは、守備に徹することとなりそうだ。

 最終ラインは中央にザマー、その左右を元ルーマニア代表DFゲオルゲ・ポペスクと元イタリア代表DFチロ・フェラーラで固める。ポペスクはPSVやバルセロナなどで活躍した名DFで、ルーマニアの年間最優秀選手に6度も選出されている。またフェラーラは、サイドバックとセンターバックの両方をこなし、ナポリ、ユベントスで守備の要として活躍。両クラブで通算7度のセリエA優勝を経験している。

 ベストイレブンのGKは、レアル・マドリードでもプレーした元ドイツ代表GKボド・イルクナーの一択だろう。90年イタリアW杯を制したドイツの正守護神であり、レアルでもUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝を果たしている。

 セカンドチームには、Jリーグでもプレーした元パナマ代表FWホルヘ・デリー・バルデス(元大宮アルディージャほか)、元フランス代表DFバジール・ボリ(元浦和レッズ)らを選出。90年W杯や94年W杯で活躍した名手たちが並んでいる。

 彼らが生まれた67年は、イングランドがW杯初優勝をした翌年であり、チャンピオンズカップ(CLの前身)ではセルティックが初優勝を遂げ、イングランドのクラブに先んじて英国クラブとして初の欧州制覇を成し遂げた。その年に生まれたガスコイン、インスは、同国を代表するMFとなった。

Football ZONE web編集部