5連勝で首位の日本、ミャンマーに勝利すれば2試合を残して2次予選突破

 森保一監督率いる日本代表(FIFAランク28位)は28日、フクダ電子アリーナで行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選ミャンマー戦(同139位)のスタメンを発表した。勝てば9月から始まるW杯アジア最終予選進出が決まる日本は、MF南野拓実(サウサンプトン)やFW大迫勇也(ブレーメン)、DF吉田麻也(サンプドリア)らが先発メンバーに名を連ねた。

 W杯アジア2次予選グループFで5連勝を飾り首位に立つ日本は、この試合で同4位ミャンマー(2勝3敗)に勝てば2試合を残して最終予選進出が決まる。3月のモンゴル戦では14-0と大勝を収めたなか、森保監督はこの試合に欧州組の主力を招集。前日練習を欠席していたDF冨安健洋(ボローニャ)、MF堂安律(ビーレフェルト)はメンバーから外れたものの、南野、大迫、吉田ら主力がスタメンに名を連ねた。

 この試合を皮切りに、6月には国際親善試合2試合とW杯アジア2次予選の2試合を控えている日本代表。最終予選に向けた強化の場をより有意義なものとするためにも、この試合できっちりと勝利を収めて突破を決めたいところだ。

 日本代表のスターティングメンバーは以下のとおり。

【スタメン】
GK
川島永嗣(ストラスブール)

DF
酒井宏樹(マルセイユ→未定)
吉田麻也(サンプドリア)
長友佑都(マルセイユ)

MF
板倉 滉(フローニンゲン)
遠藤 航(シュツットガルト)
守田英正(サンタ・クララ)
伊東純也(ヘンク)
南野拓実(サウサンプトン)

FW
鎌田大地(フランクフルト)
大迫勇也(ブレーメン)

【サブ】
GK
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン)
中村航輔(ポルティモネンセ)

DF
室屋 成(ハノーファー)
橋岡大樹(シント=トロイデン)
菅原由勢(AZ)
植田直通(ニーム)

MF
中山雄太(ズウォレ)
原口元気(ウニオン・ベルリン)
橋本拳人(ロストフ)
遠藤渓太(ウニオン・ベルリン)
久保建英(ヘタフェ)

FW
浅野拓磨(無所属)

Football ZONE web編集部