【英国発ニュースの“深層”】UEFAの最後通告をレアル、バルセロナ、ユベントスは敢然とはねつけた

 今月中旬に欧州スーパーリーグ(SL)構想からの撤退を表明していないレアル・マドリード、バルセロナ、ユベントスとUEFA(欧州サッカー連盟)の争いを「チキンレース」(2台の車がお互いに向かって一直線に走るレース。どちらかが恐怖に負け、ハンドルを切って相手を避けると敗北)のようだと記したが、いよいよその無謀な戦いが正面衝突の“クラッシュ”という、ファン無視としか言いようがない最悪の結末に近づいている。

 5月23日にプレミアリーグの全日程が終了し、ヨーロッパの主要国内リーグが幕を閉じて26日はUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝、そして29日にはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝が行われるという今週早々、しびれを切らしたかのようにUEFAが声明を発表、問題の3クラブに対し「懲戒手続きを開始する」と最後通告を行った。

 懲戒内容はUEFAが主催する欧州カップ戦から“2年間の追放”という見方が大方を占めているが、これに対し26日、レアル・マドリード、バルセロナ、ユベントスの3クラブが共同声明を発表。「UEFAの執拗な強制を拒絶する」という強い言葉で、最後通告を敢然とはねつけた。“ハンドルは切らない”という意思表示である。

 常識的に、今回のチキンレースがクラッシュせずに終わる可能性は二つ。一つはUEFA側が「3クラブに対する処分はなし」と、ハンドルを切るケースだろう。

 しかし、残念ながらこれはあり得ない。なぜなら、もうすでにプレミアの6クラブを含めた9クラブが、“もう二度とこういうことは致しません。もしもまた欧州SL発足に参加した場合は1億ユーロ(約134億円)を即支払います”という誓約書にサインして、UEFAに詫びを入れ、1500万ユーロ(約20億円)と来季の欧州カップ戦から得る収益の5%を欧州のサッカー・グラスルーツに寄付することで手打ちをしたからだ。

 もしもレアル、バルセロナ、ユベントスが他の9クラブと同様の処罰を飲まなければ、単純に示しがつかないことになり、実現は難しい。

 正面衝突を避ける二つ目のケースは、3クラブが他の9クラブと同様の処罰を受け入れることだ。

 正直な話、いなくなったらその不在感は非常に大きいこの3クラブを、欧州カップ戦から2年も追放するという最悪の事態を避けるためにはこの方法しかない。1500万ユーロ+来季の欧州カップ戦の収益の5%という罰金(しかもグラスルーツへの寄付という形にして罰金というニュアンスを薄めている)は、今回の欧州SL発足が公表されて巻き起こった最大風速の非難の嵐の中で、「今回SL発足に絡んだ全12クラブを2部リーグに即降格」「1億ユーロ級の罰金」等々、様々な関係者が主張、または予測した処罰からしたら、非常にソフトで軽いという印象だ。

レアルのペレス会長は9クラブの撤退さえ認めていない

 また誓約書のサインについては形式的なもので、面子の問題はあるのだろうが、それ自体、大問題とは思えない。

 だから、欧州SL構想自体が非難の的となって完全に崩壊したこともあり、今週頭にUEFAが最後通告をしたことで、3クラブが渋々他の9クラブと同じ処罰を飲むという対応をして一件落着という筋書きかと思った。

 ところがレアル、バルセロナ、ユベントスが選んだのは強硬な拒絶。100年以上の歴史を持つ(つまり100年以上にわたって欧州サッカー界に貢献してきたと言いたいのだろう)我々は、いかなる種類の強制、圧力に屈しない――とまでに、高らかな宣言をして、追放できるならしてみろという構えを見せている。

 一方、欧州SLは創設メンバーに選ばれたごく一部のエリートクラブには“降格がない”フランチャイズ制で、もしもこのリーグを認めた場合、CLは即時崩壊だ。また欧州カップ戦への出場権争いの場となっていた各国リーグの戦いも、完全に無意味なものになる。

 そうなればプレミアも崩壊だ。ビッグ6が真剣勝負する必要のないリーグ戦に、誰が現在のような放映権料を支払うのか。逆にすべての利権は欧州SLが吸い上げ、永久メンバー以外のすべての欧州クラブがその存在そのものの継続に影響するような大打撃を受ける。

 そうしたビッグクラブの身勝手極まりない論理で発足した欧州SLを認めるわけにはいかない。

 ちなみに英国では、サッカー発祥国が誇りとするプレミアを無価値なものにし、これまでの欧州サッカーの伝統も破壊させるものとして、SLに参加したクラブのサポーターたちも激怒。その余波で、マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルでは、これまでのクラブ経営に不満があったこともあり、サポーターが大規模なオーナー交代運動にまで発展させ、騒動はいまだ継続中だ。

 そんな、とてつもない大逆風が吹き荒れてアーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、そしてトッテナムのプレミア6クラブは、SL発足発表からわずか48時間で撤退を表明。アトレティコ・マドリード、ACミラン、インテルも間もなくそれに続いた。

 ところがそんな激しい反発に遭い、SLが完全に死に体となっても、レアル、バルセロナ、ユベントスは「欧州SLはヨーロッパサッカーの改善を目指したもの」として撤退を拒否。それどころか、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長は「今も契約は拘束力がある」として、9クラブの撤退さえ認めていない。

コロナ禍で欧州トップ32クラブの資産が約8216億円も目減りしたと試算

 どうしてここまで、3クラブは欧州SLにしがみつくのか。ガチで敵対したUEFAは無論のこと、発足メンバー以外の全欧州クラブ、ファン、メディア、そして仲間だった9クラブにもそっぽをむかれて、まさに四面楚歌の状態。しかも、このままではUEFAも鉄槌を振るわなければならなくなり、本当に欧州カップ戦から追放される瀬戸際に追い込まれている。

 その懲戒のタイミングは、来月開幕する欧州選手権(EURO)の開催前後だろうか。新型コロナウイルスのパンデミックで1年延期され、6月11日から1カ月間にわたって開催される欧州王者決定戦の開幕前、もしくは閉幕後に3クラブの懲戒、つまり欧州カップ戦からの追放が発表されそうだ。

 もちろん、UEFAとしても世界的な人気を誇る3つの超ビッグクラブ抜きで、来季以降のCLを行うという事態はぜひとも避けたいところ。そもそも、それが今回のチキンレースを成立させる大きな理由ではある。

 こうした切羽詰まった状況で、また一つ気になるニュースが入ってきた。「BBC」の報道によると、欧州のKPMG(世界4大会計事務所の一つ)が、今回のパンデミックが与えた経済的影響で、欧州トップ32クラブの資産が合計52億7000万ポンド(約8216億円)も目減りしたと試算したという。

 個々のクラブの資産減少率に関しては「ユナイテッドが前年2020年との比較で20%の目減り」という記述がある程度で、その詳細は不明だが、当然ながらUEFAと激しく戦う3クラブの資産価値も大きく削られたと見て間違いない。

 とすれば、巨大な負債額を背負う3クラブがさらに窮地に追い詰められたと見てもいいだろう。クラブの資産価値が下がれば、パンデミック不況との悪い相乗効果も生まれ、今後の運転資金の借り入れにも影響が出るはずだ。

 3クラブにとっての欧州SL発足の最大理由が負債を解消することだとすると、今では絵に描いた餅のような話になってしまっているが、米投資銀行JPモルガンが準備したと報じられた、優勝チームは最大7億ユーロ(約938億円)、最低でも参加チームに3億ユーロ(約402億円)という分配金がどうしても不可欠になる。

 一部報道では、近年の放漫経営がたたり、バルセロナは総計1億ユーロ以上の負債があり、年内の清算が迫られている火急の借金だけでも、偶然ながら今回のSL参加クラブへの最低分配金と同額の“3億ユーロ”と言われている。

 またレアルのペレス会長は、SL発足直後に出演したテレビ番組中で、今季終了後にクラブの負債が「4億ユーロ(約536億円)に達する」と発言。さらに負債額は明らかではないが、ユベントスもクリスティアーノ・ロナウドの高額年俸が負担となり、放出報道が後を絶たない。

最大201億円の分配金しかないCLに逆戻りしても焼け石に水?

 表面的には“銀河系軍団”、またはリオネル・メッシ、ロナウドの現役最高選手を抱えて、欧州ビッグクラブの中でもさらにエレガントでリッチなイメージをまとった3クラブだが、その実情は“寒い”の一言のようだ。巨額の負債を抱え、クラブの資産価値も目減りした今、最大でも1億5000万ユーロ(約201億円)の分配金しか期待できないCLへ逆戻りしたところで、焼け石に水なのだろう。

 それならば3クラブにとって退路はない。引けば負債返済のため、大幅な予算縮小を迫られたクラブ経営を強いられることになる。さもなければ最悪、破産が待っている。

 確かに現状から、欧州SLを再発足させる道はあまりにも険しく厳しい。しかしこのチキンレースを通じてUEFAとギリギリの駆け引きを行い、負債を解消しながら、今後もこれまで同様、欧州最大のビッグクラブとしての面子が保てるような収入が約束されない限り、レアル、バルサ、ユーベの3クラブがハンドルを切るつもりはなさそうだ。

 UEFA、そして3つの超ビッグクラブがともに生き残りをかけたチキンレースは、今後も全く予断を許さない展開になりそうである。

Football ZONE web編集部