【スペイン発コラム】昇格プレーオフは負傷により欠場、1部復帰を逃す

 リーガ・エスパニョーラ1部昇格プレーオフ準決勝の第2戦が6日に行われ、MF柴崎岳が所属するレガネスは2戦合計1-5でラージョ・バジェカーノに敗れた。これで柴崎のレガネス1年目は終了。今季の2部リーグ成績は34試合(先発24試合)、2196分間出場、2得点3アシストとなっている。

 昨季、デポルティボ・ラ・コルーニャで3部降格の憂き目に遭った柴崎は今季、スペイン2部のレガネスと2023年6月30日までの3年契約を結んだ。

 指揮官が元日本代表監督のハビエル・アギーレから、柴崎がスペインに初挑戦したテネリフェ時代 (2016-17シーズン) の恩師であるホセ・ルイス・マルティに代わったなか、柴崎は初の先発出場となった第2節ルーゴ戦で負傷交代を余儀なくされるアクシデントはあったが、その後は順風満帆だった。

 テネリフェの時と同じように監督の信頼を得た柴崎は、日本代表招集により2カ月続けてチームを離れる期間はあったが、チームでも安定したパフォーマンスを披露する1人となり、ポジション争いでルイス・ペレアに勝利してレギュラーの座を掴み、ルベン・ペレスと4-4-2のダブルボランチを形成した。第8節オビエド戦(2-1)でレガネスでの初得点を記録し、2020年に行われたリーグ19試合中11試合に先発出場している(2試合は代表参加で欠場)。

 しかしチームは12月に入り、第17節テネリフェ戦(0-0)から未勝利が続き、1年での1部復帰に暗雲が立ち込める。第22節ラス・パルマス戦(1-2)に敗れて5戦連続未勝利となり、順位を6位まで落としたことが決定打となり、1月26日にマルティが解任された。

 このことは柴崎の状況を一変させる。新監督は2シーズン半ぶりにレガネス監督に復帰したアシエル・ガリタノ。マルティ更迭前までリーグ5試合連続で先発出場していた柴崎であったが、ボランチの組み合わせが変更されたためレギュラーの座を失うことになった。

 チームは監督交代を機に5連勝を達成して調子を取り戻し始めたなか、柴崎はガリタノ指揮下4試合目となった平日開催のアルメリア戦(1-1)で初スタメン。3試合連続で先発出場するも、際立つパフォーマンスを見せられなかった。それ以降、ルベン・パルドが重用されたことやシステム変更があり、3試合続けて出番がない時期を過ごすも、第36節アルコルコン戦(2-1)で1得点1アシストを記録し、今季最高のゲームの一つをやり遂げると、最終的にセットプレーのキッカーを任され、第40節ミランデス戦(0-0)まで5試合連続で先発出場するまでに監督の信頼を得ていた。

地元サポーターが語った印象「1部のクオリティーを備えた選手だ」

 しかし、3試合連続フル出場とフィジカルを酷使した後、ミランデス戦で左足大腿部を負傷して第41節マラガ戦(1-0)の欠場を余儀なくされた。長期離脱の懸念があるなか、柴崎はリーグ最終戦の第42節サラゴサ戦(5-0)の後半途中に戦列復帰したが、続くアウェーで行われた1部昇格プレーオフ準決勝第1戦ラージョ・バジェカーノ戦(0-3)、ガリタノ監督が「サラゴサ戦でフィジカル面に問題があったためメンバー外になった。回復するのが困難だった」と説明した通り、ベンチ入りできず、チームも惨敗を喫し、わずか1年で1部に返り咲くことがかなり難しい状況となった。

 そして3日後の6日、ホームにラージョを迎えての第2戦、レガネスにとって新型コロナウイルスの感染拡大後、最初の有観客試合となったため、観戦に訪れたサポーターが選手たちを乗せたバスをチームカラーの青色の発煙筒と熱い声援で迎え入れた。

 その場に駆けつけたサポーターの1人であるロベルトさんは試合前、今季の柴崎の印象を次のように語ってくれた。

「ガクは本当に素晴らしかったよ。中盤でのプレーのクオリティーは高かったし、何よりもゲームの流れを読む能力が優れている。レガネスは今季、マルティとガリタノ指揮下でフィジカル面の弱さが目立っていたが、ガクのフィジカル面は素晴らしかったし、チームでも際立つ1人だった。1部のクオリティーを備えた選手だと思う」と大絶賛した。

 しかし試合前日の記者会見でガリタノが明かした通り、柴崎は再び怪我の回復が間に合わず、2戦連続でスタンド観戦を余儀なくされた。

 チームは3点を追う苦しい状況のなか、会場に駆けつけた1500人のサポーターの熱狂的な応援を受け、前半11分に先制し良い形で試合をスタートしたが、その後、チャンスを生かせなかった。後半に2点を奪われ1-2の逆転負けを喫し、1部復帰の夢がこの日潰えたのと同時に、柴崎の今季も終了した。

 レガネスにとって悪夢となった試合を取材したスペインの通信社「EFE通信」のカルロス・マテオス・ヒル記者に試合後、次のように話を聞いた。

 まずレガネスの1部昇格が叶わなかったことについて、「今季は上位2チーム(エスパニョールとマジョルカ)が例年に比べ突出していた特異なシーズンだったし、レガネスのパフォーマンスは良かったが、チャンスがあった時に生かすことができなかった」と、取りこぼしがあったために自動昇格圏内に入れなかったことを強調した。

1部昇格を逃し来季は不透明、レガネスは「経済的に厳しい状況になる」

 柴崎については「ガクは最初、 “チーム・ガリタノ” にフィットするのに苦しんだと思うが、最終的にレギュラーの座を勝ち取っていたので、シーズン終盤に怪我で彼の姿を見られなかったのは残念だった。彼がいるかどうかで状況が大きく変わったかは分からないが、彼はガリタノにとって大きな武器の一つになったのは間違いないだろうからね」と、プレーオフを2試合とも欠場したことを嘆いた。

 柴崎の来季については「ガクは非常に有能な選手だと思うし、フィジカルコンディションと調子を上げ、最終的にガリタノを納得させていたので、来季、新しい監督が来たとしても良い形でスタートを切れると思う。彼は優れた選手であり、レガネスにとって大いに役立つと思う」と称賛しつつも、「しかしレガネスが来季、どのようなプロジェクトで臨むのか様子を見る必要があるだろう。なぜなら来季も2部を戦うことになったので経済的に厳しい状況になるからね。メンバー変更が必須になるし、それは避けることができないだろう。そのためガクが来季もレガネスでプレーを続けるかどうか、様子を見る必要があるだろうね」とチームの予算低下により、柴崎を維持できるかどうかが分からない状況になる可能性があることを指摘した。

 監督交代で苦しい時期を過ごすことはあったが、シーズン全体を見てみるとコンスタントに出場していた柴崎。しかし終盤に怪我でチームを離脱し、その後レガネスにとって最も重要な1部昇格プレーオフを戦うことができなかったため、今季を消化不良で終えることになった。レガネスとの契約を2年残すなか、来季の去就について今後の動向を見守りたい。

Football ZONE web編集部