南野、鎌田ら海外組をスタメン起用して臨むもセルビアの堅い守備に苦戦

 森保一監督率いる日本代表(FIFAランク28位)は、11日に行われたキリンチャレンジカップでセルビア(同25位)に1-0で勝利した。韓国のサッカー専門サイト「インターフットボール」は、「日本は海外組を総動員」と報じている。

 日本は前線で軸になってきたFW大迫勇也(ブレーメン)が負傷離脱し、スピードが武器のFW古橋亨梧(ヴィッセル神戸)を1トップに起用。一方、現役時代に名古屋グランパスで活躍し、“ピクシー”の愛称で親しまれたセルビアのドラガン・ストイコビッチ監督は、来日メンバーのうち特に前線はベストメンバーではなく、若手にチャンスを与えていることを明言していた。

 立ち上がりから全体的には日本がボールを保持する時間が長いものの、前半は両者ともビッグチャンスを作れず膠着状態に。試合が動いたのは、後半3分だった。右コーナーキックをニアサイドでDF谷口彰悟(川崎フロンターレ)がコースを変えてファーサイドに流すと、MF伊東純也(ヘンク)がフリーで走り込み押し込んだ。3日のU-24日本代表戦の先制ゴールと同じようなパターンでゴールを奪い、その1点を最後まで守り切った。

 韓国のサッカー専門サイト「インターフットボール」は、「海外組を総動員。日本がセルビアに1-0で勝利」と見出しを打ってレポートしている。

「日本は海外組を総動員させて、ベストラインナップを構成。4-2-3-1システムで、鎌田、伊東、南野、古橋、橋本、守田、長友、植田、室屋、谷口、権田が先発出場した。日本は前半、ベルギー、フランス、ドイツでプレーする選手たちを投入したにもかかわらず、これといったチャンスを作れなかった。後半から川辺、オナイウを投入。ファーストゴールはホームチームの日本に生まれた。後半3分、コーナーキックを谷口が頭ですらし、飛び込んだ伊東がセルビアのギールネットを揺らした。セルビアも反撃に出たが、日本のディフェンスを破れなかった」

 日本がMF南野拓実(サウサンプトン)やMF鎌田大地(フランクフルト)といった海外組を起用し、勝利にこだわった姿勢を伝えていた。

Football ZONE web編集部