ルヴァン杯・浦和戦で華麗なFKを決めて今季公式戦初ゴール

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、13日のルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦・浦和レッズ(2-2)で直接フリーキック(FK)弾を叩き込んだ。浦和GK西川周作が見送るしかなかった芸術的な一撃に、海外メディアでも反響が拡大している。

 ホームでの第1戦(1-2)に続き、先発メンバー入りしたイニエスタが、鮮やかなキックで今季初ゴールを決めた。1-2のスコアで迎えた後半33分、ゴールまで約20メートル付近で得たFKのチャンスで右足を一閃。ペナルティーエリア内には5枚の壁が築かれたが、シュートはその外側を通り、鋭い一撃をゴール右上に突き刺した。

 キックの瞬間、ニアサイドに反応した浦和GK西川が見送るしかなかった芸術的な一撃は、右足大腿の負傷で出遅れ、今年5月のJ1リーグ第12節サンフレッチェ広島戦(3-0)で実戦復帰を果たしたイニエスタにとっては、これが今季公式戦初ゴール。37歳を迎えても、ワールドクラスの技術がいまだ衰えていないことを証明してみせた。

 ポーランドメディア「Meczyki」は、「イニエスタはまだ一級品の技術を備えている。FKからビューティフルゴール」との見出しで、「アンドレス・イニエスタはキャリアの終盤でも一流ぶりを証明している。スペイン人は壮観なFK弾を決めた」と伝えた。

 中2日で迎える天皇杯2回戦鈴鹿ポイントゲッターズ(JFL)戦では、同じカスティーリャ・ラ・マンチャ州出身のミラグロス・マルティネス監督がチームを率いていることで注目を集めている。メンバー入りするかも含めて、37歳は今なお話題の中心に居続けている。

Football ZONE web編集部