トルコ戦で圧巻の2アシストも後半にまさかのPK失敗

 ウェールズ代表は現地時間16日、欧州選手権(EURO)グループAの第2戦に臨み、2-0で勝利した。エースのFWギャレス・ベイル(トッテナム)は2アシストで今大会初勝利に貢献した一方、後半16分にまさかのPK失敗。シュートを枠上に大きく外すミスに、海外メディアも驚きを示している。

 2016年の前回大会で初出場でベスト4の快進撃を見せた。2大会連続の本大会出場となった今回も、ベイルやMFアーロン・ラムジー(ユベントス)ら主力は健在。12日のスイスとの初戦に1-1で引き分け、トルコとの第2戦を迎えた。

 そしてグループリーグ突破を左右する勝負の一戦で、ベイルが躍動。前半42分にラムジーへ完璧なパスを通して先制点をアシストすると、後半アディショナルタイムにもショートコーナーからドリブルで持ち込み、DFコナー・ロバーツ(スウォンジー)の2点目を演出した。

 母国の勝利に大きく貢献したベイルだが、後半16分には痛恨のミスを犯してしまう。自らが獲得したPKでキッカーを務めると、ゆっくりとした助走からGKの動きを見ながら左足を振り抜くも、シュートはクロスバーのはるか上空へと飛んでしまった。

 エースのまさかの失態に海外メディアも反応。カナダのスポーツ専門局「TSN」が「ベイルはペナルティーキックを空高く発射する」と伝えれば、英メディア「スポーツ・バイブル」は「今シーズン最悪のPKの一つ」と報道。英紙「デイリー・スター」も「衝撃的なPKミス」と反応していた。

 この日、圧巻のパフォーマンスで2ゴールを演出したベイルのミスに、各国メディアも驚きを隠せない様子だ。

Football ZONE web編集部