プロデビューを飾った古巣セビージャが4位

 レアル・マドリードは現地時間16日、2005年から所属していたスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが6月末の契約満了に伴い、退団することを発表した。数々のトロフィーをもたらしたキャプテンの去就は世界中で大きな話題となっているが、英メディア「Sportskeeda」は、新天地候補の5クラブを紹介している。

 16年前にセビージャからレアルに加入したラモスは、リーガ・エスパニョーラ優勝5回、スペイン国王杯(コパ・デル・レイ)優勝2回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝4回など、数々のタイトルを手にした。今回の欧州選手権(EURO)のメンバーからは漏れたものの、今年に入ってからもスペイン代表に招集されており、まだまだトップレベルでプレーできる。

 レアルも契約延長を望んだとされるラモスは、来シーズン以降、どこでプレーするのか。「Sportskeeda」は、「セルヒオ・ラモスの5つの行き先候補」という特集を組んだ。

 5位に挙げられたのは、今季のCL王者であるチェルシー。昨季、パリ・サンジェルマン(PSG)との契約が満了したブラジル代表DFチアゴ・シウバを獲得し、大きな成功を収めたロンドンの強豪が、再び経験豊富なDFの獲得に動くのではないかというのがその理由だ。

 続いて4位に挙げられたのは、プロデビューをしたセビージャだ。ラモスはセビージャの下部組織出身であり、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチや元スペイン代表MF故アントニオ・レジェス氏ら、ビッグクラブに移籍した選手を再獲得した歴史もある。

1位はワイナルドゥムを獲得し、守護神ドンナルンマの契約合意も近づいているPSG

 3位にはマンチェスター・ユナイテッド、2位にはマンチェスター・シティと、マンチェスターの両雄が並んだ。イングランド代表DFハリー・マグワイアの新たな相棒を探すユナイテッドは、レアルのフランス代表DFラファエル・ヴァランの獲得にも乗り出していると報じられている。また、プレミアを制したもののCLでは決勝で敗れたシティは、ジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナ時代からラモスをよく知っており、移籍金ゼロで獲得できるスペイン人DFを獲得しても「不思議ではない」と報じている。

 そして1位となったのがPSGだ。リバプールとの契約が満了したオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムに続き、ACミランとの契約が満了を迎えるイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの獲得にも近づいているとされる。資金面でも問題なく、ブラジル代表DFマルキーニョス、フランス代表DFプレスネル・キンペンベと競えるセンターバックを求めており、ラモスの移籍先最有力候補に挙げられている。

 レアルは17日にフロレンティーノ・ペレス会長立ち合いの元で、ラモスの退団セレモニーを行うことを発表しているが、このセレモニー終了後、その新天地が明らかになるかもしれない。

Football ZONE web編集部