「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」に出演した際の2ショット写真をSNSで公開

 ブレーメンの日本代表FW大迫勇也が、自身の公式インスタグラムを更新し、元日本代表の内田篤人氏との2ショットを公開した。かつて鹿島アントラーズで共闘した両者による1枚は反響を呼び、ファンからは「この2ショット最強」「最強コンビ」などの声が上がっている。

 大迫は2020-21シーズンのブレーメンで、公式戦28試合1得点をマーク。後半戦に入り徐々に本来のパフォーマンスを見せていたものの得点量産とはならず、チームは2部降格となった。

 一方、日本代表では絶対的な存在であることを証明し、5月28日に行われたカタール・ワールドカップアジア2次予選のミャンマー戦(10-0)では5得点を記録した。左足の負傷により6月シリーズの途中で離脱したが、その後はオフを挟み、現在はブレーメンのプレシーズンキャンプに帯同している。

 そんななか、大迫は自身のインスタグラムを更新。「オフに篤人さんの番組にお邪魔させてもらいました」と綴り、かつて鹿島で共闘し、現在は指導者や解説者として活躍する内田氏との2ショット写真を公開した。大迫が「DAZN」の番組「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」に出演した際に撮られたもので、両者の全身と寄り気味の3枚が添えられている。

 この豪華2ショットに、コメント欄には「かっこよい素敵な2人」「なんて素敵なツーショット」「最高すぎます」「最高な組み合わせ」「最強コンビ」「この2ショット最強」「イケメン2人」「正にゴールデンコンビ」「ヤバい」
などの声が上がり、鹿島で数々の功績を残した2人の再会ショットに反響が寄せられていた。

Football ZONE web編集部