5つのスイートキャビンと6つのバスルームを備えた「Azimut Grande」を2020年に購入

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)は、欧州選手権(EURO)のベスト16敗退後、新シーズンに向けて束の間のオフに入った。自身の公式インスタグラムに豪華ヨット上でくつろぐ家族6人の写真を投稿していたが、海外メディアはヨットの驚きの金額に注目している。

 2004年大会からの連続出場で史上初のEURO5大会出場を果たしたロナウド。グループリーグでは初戦のハンガリー戦(3-0)での2ゴールを皮切りに、ドイツ戦(2-4)で1ゴール、フランス戦(2-2)で2発と3試合連続ゴール。EURO通算得点を「14」とし、元フランス代表MFミシェル・プラティニ氏(9得点)を抜いて歴代単独1位に躍り出た。また、代表通算得点も「109」に伸び、歴代1位の元イラン代表FWアリ・ダエイ氏に並んでいる。さらなる記録更新が期待されたものの、ラウンド16ではベルギー守備陣を崩すことができずに0-1で敗れ、ロナウドは得点ランキング首位で大会を後にした。

 2016年大会王者として連覇を目指しながらの早期敗退に、試合直後は失意を露わにしていたロナウドだが、現在は新シーズンに向けて気持ちを切り替えているようだ。自身のインスタグラムに、洋上の豪華ヨットで恋人のジョージナ・ロドリゲスさんと4人の子供とともにくつろぐ写真を投稿。笑顔のロナウドは筋骨隆々な肉体美を披露しながら、家族と楽しいひと時を過ごしている様子だった。

 すでに1000万超の「いいね!」がつく大反響を呼んでいるが、ブラジルメディア「UOL」は、豪華ヨットのほうに着目している。

「2020年に購入した550万ポンド(約8億5000万円)のヨットを披露した」と見出しを打った記事によれば、ロナウドが乗っているモデルは「Azimut Grande」という名称で、全長約27メートル、総面積350㎡で、計3フロアに分けられた設計。5つのスイートキャビンと6つのバスルームを備え、最高速度50km/hを誇るという。

 年俸3100万ユーロ(約40億円)とも言われ、世界限定10台と言われる高級車ブガッティ・チェントディエチを980万ユーロ(約13億円)以上の金額を費やして購入したとされるロナウドは、ヨットも規格外の豪華さを誇っている。

Football ZONE web編集部