東京五輪のメンバー入りを果たすなど、勢いに乗る塩越が新ユニフォーム姿を披露

 2021年秋にスタートする日本初の女子プロサッカー「WEリーグ」に参入予定の三菱重工浦和レッズレディースに所属するMF塩越柚歩が、公式インスタグラムを更新。新シーズンに着用するユニフォーム姿を披露し、ファンも反応している。

 浦和ユース出身の塩越は、5年目の昨季になでしこリーグ全18試合に出場。リーグ第2節アルビレックス新潟レディース(3-2)では勝ち越しのスーパーミドルを突き刺すなど主力を張り、昨年10月にはなでしこジャパン(日本女子代表)のトレーニングキャンプにも初招集された。2014年以来となるチームのなでしこリーグ優勝に貢献し、ベストイレブンにも選出されるなど、飛躍の年となった。

 2021年は秋にWEリーグ開幕に備えるなか、プレシーズンのマイナビ仙台レディース戦(1-1)、ノジマステラ相模原戦(5-1)、INAC神戸レオネッサ戦(0-2)、サンフレッチェ広島レジーナ戦(2-2)と全試合に先発出場し、ノジマステラ戦では2ゴールを挙げる活躍を披露。今夏に開催される東京五輪のなでしこジャパンメンバー入りも果たした。

 WEリーグは6日、2021-22シーズンに参加する11チーム中7チームが着用するレディースストリートウェアブランド「X-girl」デザインの新ユニフォームを発表したなか、塩越は浦和が着用する2021-22シーズンのユニホームに身を包んだ、同僚たちとの集合写真をアップした。

「新しいユニホームはテンションあがる!! 今シーズンはこのユニホームきてがんばります」

 チームカラーの「赤」がひときわ輝く一枚に、ファンからは「カッコいいです」「赤!イイですね!」「新ユニ良い感じ。ってか可愛すぎる」といった声が上がっていた。

Football ZONE web編集部