「闘莉王TV」に登場した神戸FW古橋が試合前に緊張しやすいと聞いてレクチャー

 日本代表の2列目はMF久保建英らタレントが揃い、定位置争いの激戦区となっている。Jリーグ得点ランクトップに立つなど、頭角を現しているヴィッセル神戸FW古橋亨梧に対し、元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏はメンタル面での進化に向けたヒントを伝授している。

 日本サッカー界の闘将として知られた男は自身の公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新回で、古橋からの質問に答える企画の第二弾を展開。古橋は自ら課題とする「緊張」の克服法について質問したところ、闘莉王氏は「まず緊張から解放されてはいけない。緊張はいいこと」と回答。弛緩した状態にならないことで、逆に集中力が高まると持論を展開している。

「あの緊張がどれぐらい自分の集中力を高めたのか」

 闘莉王氏は16強に進出した2010年の南アフリカ・ワールドカップで、極限の緊張状態だったと意外な告白した。

「緊張とうまく付き合った時に大きな喜びがある。そういうことを経験できるように」

 受験生も参考になるような持論を、得点ランク1位の14ゴールを叩き出しているスピードスターに伝授した闘莉王氏。現役時代に強靭なメンタルで知られた闘将らしさのあふれる回になっている。

Football ZONE web編集部