主導権を握り続けるも傑志の守備陣を崩せず

 セレッソ大阪は9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグ最終節で傑志(香港)と対戦。序盤からペースを握りながらも決めきれず、スコアレスドローに終わった。この結果、C大阪は4勝2分の勝ち点14でグループJ首位通過を確定させた。

 前節で広州FC(中国)に5-0で快勝し、グループリーグ突破を決めていたC大阪。傑志との最終節ではスタメン10人を入れ替え、MF清武弘嗣やFW大久保嘉人、MF坂元達裕らを中心に序盤から相手ゴールに迫った。だが傑志の粘り強い守備の前に、C大阪も最後の精度を欠き、前半29分のMF原川力の直接FKもゴール右ポストに嫌われてしまう。

 後半も主導権を握るC大阪が攻め、傑志が凌ぐ展開。流れのなかやセットプレーから相手ゴールに迫ったが最後までゴールネットを揺らせず、C大阪にとっては消化不良のスコアレスドローとなった。

 この結果、C大阪はグループJを4勝2分で首位通過。ラウンド16進出は2014年以来、7年ぶり3回目となっている。

Football ZONE web編集部