【イングランド発コラム】EURO決勝のPK敗退直後に起きた信じられない投稿

 個人的には“まさか”と思った。それはそうだろう、まだ少年と言える19歳が放ったPKがセーブされ、イングランドの欧州制覇の夢が砕けたのだ。ブカヨ・サカは人目もはばからず号泣した。その様子から、激しい慟哭がテレビ画面を通しても伝わってきた。まさに心が砕け散ったかのように肩を震わせて泣いていた。イングランドを心から応援していたが、この涙を見たら優勝できなかったことなどどうでも良くなった。とにかくサカの精神的なダメージが心配だった。

 ところが、だ。このPK失敗の直後から、こともあろうにそんな痛ましいサカが黒人であるということを貶める投稿がSNSに次々と出現した。こちらの心も一緒に粉々になるような19歳少年の悲しみを見ても、そんないわれのない侮辱の言葉で彼をけなすのか――。本当に信じられない気持ちだった。

 しかし、これが現実なのである。英国には人種差別がある。これは歴(れっき)とした事実だ。

 当然ながら、一目で伝統的な英国人(つまり白人ではない)ではないと分かる筆者も、そして筆者の子どもたちも、人種差別という卑劣で残酷な意識のターゲットになった経験がある。もちろん、そのすべてをここに記すスペースはないので、少しだけ息子の話をする。

 今年、マンチェスター大学で博士号を取得中の長男は、イングリッシュの母を持ち、英国の首都ロンドンで生まれて、ケンブリッジ大学を卒業した。しかし、2歳になる寸前にイングランド北西部のチェスター近郊に移住し、圧倒的な白人社会のなかで生活し始めると、東洋と西洋のミックス・チャイルド(英語ではハーフという言葉は“半分”というネガティブな意識を反映させるため、使わない)は、やはり見た目で外国人とされる。そのため「ファック・オフ・ホーム」(お前の国へ帰れという意味だが、人種差別の意識が明確に含まれた侮蔑の表現)と言われたことが幾度となくある。

「僕はイギリス人でロンドンで生まれたというのに、どこに帰ればいいの?」

 そんな息子の呟きを聞いて、心を痛めない親はいない。ただし彼の場合は幸いにも、そんな差別をバネにして、世界でも有数の難関ケンブリッジ大学に入学した。勉強して、差別のない実力の世界に行こう。こんな偏狭な白人だらけの田舎の村から出て行こうという思いが、彼をケンブリッジに入学させた。しかし、こうした形で差別を努力で乗り越えられたという人間は幸運だ。一方、いわれのない差別に傷つき、自信をなくし、希望もなくし、人生を間違えるという例は枚挙にいとまがない。

一部の人間に根付く「白人以外の人種は劣った生き物」という考え

 そんな個人的体験があるからこそ、人種差別については普段から学び、考えている。そこで、今回のイングランド代表に対する人種差別問題が起こったことを契機に、ここで恐れることなく、英国で26年間暮らし、現地で2人の子どもを育てた日本人として、極めて端的にこの国の人種差別について記してみたい。

 まず厳然で単純な事実――。それは基本的、また根本的にも、この国の人種差別は白人によって行われるということである。対象は非白人。この図式は絶対的だ。特に黒人に対する差別は伝統的で、最も過酷である

 なぜか。それは黒人が奴隷にされた歴史があるからだ。黒人への圧倒的かつ絶対的な差別意識が生まれたのは、中世15世紀の大航海時代とされる。いわゆるアフリカの黒人を奴隷としてアメリカのプランテーションに運んだ三角貿易が始まったことがきっかけだった。

 しかし当初、英国をはじめとする欧州全域で信仰されたキリスト教は奴隷を禁じていたという。基本的に、無条件に隣人を愛せと教えるこの宗教は、同じ人間を奴隷として扱うことを許さないのである。そこで「黒人は我々白人とは違う、劣った生き物である」という考え方が編み出された。つまり当時の白人は、黒人を奴隷として使ってもキリストの教えに背かず、さらに罪悪感を持たなくていいように「あいつらは人間ではない」という意識を生み出し、広めたというわけだ。

 そして「黒人は我々と同じ人間じゃない」「知性的に劣った生き物」という強烈かつ伝統的な差別意識は、残念ながら600年後となる21世紀の今にも形を変えながら密かに、しかし確実に存続しているのである。

 結論から言うと、一部の白人は今もこうした差別は当然だと思っている。そして罪悪感を感じない。その根本には中世に捏造された「黒人をはじめ、白人以外の人種は劣った生き物だ」という考えがあるからだ。

 だから白人が使う差別語、例えば黒人に対する「ニガー」という言葉(英国では完全に、おそらくアメリカでもタブー的放送禁止用語。本当はここでカタカナ表記するのも吐き気を覚えるような忌まわしい言葉である)があるが、この言葉には「人間でない」「劣った動物」という意識がはっきりと刻まれている。

 日本人に対しては「ジャップ」という言葉があるが、そこにも同様の劣った生物に対する侮蔑、軽蔑のニュアンスが色濃く含まれている。同じ人間なのに、肌の色や目の色が違うことで一方的に劣っていると判断する意識――これが大問題なのだ。

熱烈なサッカーファンでもある貧困層に多い人種差別主義者

 もしかしたら、多くの日本人が「こうした感覚は理解できない」と思うのではないだろうか。ただし海外で一度でも白人に理不尽な怒りや軽蔑や嘲笑がこもった目で差別の言葉をぶつけられた経験があれば、その衝撃に震え、愕然とした思いを味わったはずだ。旅行者だったら、もう二度とその国には行きたくないと思ったことだろう。

 人種差別の怖いところは、差別の相手が簡単に見て判別できることだ。一目で分かる。一方、筆者の息子のように生粋のイングリッシュであっても、見た目が違うという理由で差別される。そもそも差別のいわれがないうえに、間違った対象であるにもかかわらず、だ。

 そして現代では、こうした伝統的な他人種に対する差別意識に貧困の問題も加わる。白人社会のすべての階層にこうした人種差別主義者は存在するが、特に貧困層に容赦ない、開き直った人種差別主義者が多い。お気づきの読者もいらっしゃると思うが、この白人層は熱烈なサッカーファンでもある。

 もちろん、例外や個人的な体験が生み出した差別意識もあると思うが、大抵の場合、自分の貧困の責任が外国人にあるという責任転嫁がその憎悪に結びつく。

 外国人が俺の仕事を奪う。外国人が本来は俺に回ってくるはずだった補償や支援を食い潰す。これは英国が世界に誇る医療無料のシステムが、EUからの移民によって蝕まれ「このままでは崩壊する」と訴えたEU離脱賛成派の政治家たちが訴えたロジックにも共通するものだが、こうした考えがこの国の貧困層にしっかりと普及され、根付いているのである。

 そう、英国民に外国人を毛嫌いする気分が強いからこそ、世界がまさかと驚愕したブレグジット(EU離脱)が達成された。この外国人嫌いは、他人種を嫌う気持ちと非常に似通ったものがある。

 だから筆者は、ブレグジットをリードした保守党のボリス・ジョンソン英首相に一抹の不安を抱く。英国人の妻を持ち、4半世紀もここで暮らし、税金を払い続け、7年後には年金も受け取れる。しかし彼が誇りとする美しい英国には、自分は含まれていないと感じてしまう。

EU離脱に見え隠れする“白人ファースト”の考え方

 無論、もともと英国は白人の国だ。原住民のケルト民族をはじめ、バイキング(スカンジナビア系)、アングロサクソン(ドイツ系)、ノルマン(フランス系)と欧州大陸から様々な人種が流れ込んでいるが、共通して見た目は白い。そして今も、彼らが圧倒的な多数派であることは間違いない。

 ボリス・ジョンソンはそんな多数派の白人層のなかにくすぶる不満をあぶりだした。もちろん、この他にも複合的な要因があるが、EU離脱票が国民投票の過半数を超えた最大の理由がここにある。反ヨーロッパ、つまり反外国人の意識をあおった成果であった。

 実際、EUとの交渉が難航し、離脱日程がはっきりしなかった時期に「離脱を即有効にしろ」とロンドンの路上をデモ隊が埋めたが、この運動に参加したのは白人ばかり。英民放「チャンネル4」のニュース番組で、名物キャスターのジョン・スノーがデモを実況し、「完全にホワイト。ここまで白人がひとまとめになっているところは見たことがありません」と声を枯らして伝えたことでも明らかだ。

 そんな“英国人ファースト”といった白人層の意識が、票になっているという背景もあるのだろう。ジョンソン首相は今回のユーロ2020でもBLM(ブラック・ライブズ・マター)運動を継続させ、試合前に跪くポーズを続けたイングランド代表にブーイングを浴びせた一部のファンを「批判しない」と発言。黒人という少数派にいつまでも気を使うサッカー界に、苛立ちを示した形になった。

 この発言には元マンチェスター・ユナイテッド主将のギャリー・ネビルが、「(ブーイングを許容した)国のトップからしてこうだ」と語って呆れたが、首相からしてこんなふうなのである。

 だから、あれほど残酷な結末となったサカのPK失敗を見ても、同国人、しかも19歳少年に対する同情や心配より、平気で黒人であることを責める書き込みをする人間が生まれる。

 こうした人間を後押しするのは、まず“英国人ファースト”をもう一歩押し進めた「元来白人の国なんだからすべて白人優先だ」という“白人ファースト”の考え方。そしてEU離脱が国民の過半数を占めたことで、白人が最も優れており、他人種は劣っているという伝統的な人種差別意識を肯定する追い風が吹いたことがある。だからサカやマーカス・ラッシュフォード、ジェイドン・サンチョに対し、きっと多くの同胞が自分の考えに賛同するに違いないという幻想に勇気づけられて、SNSの匿名性に隠れてはいるが、人種差別的な侮辱をする輩が公然と現れ、信じがたい残酷な言葉をむき出しにした。

 しかし、近年の英国――国民投票でEU離脱が可決するまでは、人種差別撲滅が確実に進んでいたと思う。人種差別は恥ずべきことだという認識が定着しつつあったのだ。

2016年のEU離脱決定までは人種差別が確実に淘汰され始めていたが…

 それは奇しくも、筆者がイングリッシュの妻と当地で結婚した同年の1993年4月に起こり、英国を震撼させたスティーブン・ローレンス殺害事件が発端だったと思う。

 この事件に関しはその詳細を記すだけで一冊の本になってしまうので、ここでは簡単に事実を振り返るだけに留める。しかしながら現在ではネットという便利なものがあり、「スティーブン・ローレンス」と検索すればいくらでも情報が得られるはずだ。さらに“Stephen Lawrence”とアルファベットでその名前を打ち込めば、英語ではあるが、それこそ膨大な数の記事や動画も見つかる。

 英国で暮らし始めたばかりで、欧米の人種差別の現実に疎かった当時の筆者にとって、本当に衝撃的な事件だった。当時18歳の学生だったスティーブン・ローレンスがロンドン南東部のエルタムで“黒人だった”という理由だけで殺されたのだ。

 彼はただバスを待っていただけだった。あまりにもバスが来ないので、バス停を離れて通りの曲がり角まで様子を見に行ったところで、ナイフを持った白人の非行少年グループに突然襲撃された。刺された後に走って逃げたが、首筋の大動脈を切断されており、よろよろと走ってからばったりと倒れると、そのまま道端で息を引き取った。

 この殺人事件がきっかけとなり、それまでは表面化していなかった英国の人種差別の実情が、警察内に存在する黒人への偏見も含めて、くっきりと浮かび上がった。

 当時、大学受験を目指していたスティーブンは素晴らしい少年だった。勉学に励み、素晴らしいスプリンターであり、同級生に一目置かれ、先生にも好かれていたという。被害者のそうした好ましいプロフィールは、荒れ果てた貧困エリアで育った加害者側である白人少年たちの、知性も教養も低く、身勝手で酷薄な印象と鮮明なコントラストを生み出し、事件の衝撃をさらに増幅させた。

 こうしてスティーブン・ローレンスという善良そのものだった犠牲があって、英国に「人種差別は醜悪極まりない」というイメージが確立した。また警察の初動捜査が遅れたことで、5人の容疑者が全員無罪放免(しかし2012年になって、このなかの2名が進歩した鑑識技術の結果、当時着用していた服に付着していた血痕が被害者のものと特定され、有罪となった)となった理不尽さも加わり、90年の半ばから、この国で人種差別が真剣に、そして確実に淘汰され始めたのである。

 ところが、繰り返しになるが、それが2016年のEU離脱決定からおかしくなった。

 しかし、今回のイングランド代表に向けられた人種差別の憎悪は、その卑劣さ故、放った人間に鋭く逆戻りし始めた。それはやはり、あの19歳サカの純粋な慟哭があったからではないだろうか。

最後には「愛が常に勝つ」…英国で人種差別に再び突き付けられた強烈な「NO」

 折しも、この原稿を書いている7月16日、EURO決勝以来、無言を貫いていたサカが自身のインスタグラムに長いメッセージを投稿した。

 アーセナルFWはまず「この投稿で僕がどれだけありがたいと思っているか伝えることはできない」と綴って、不当な人種差別に憤慨した大勢のファンからたくさんの温かい励ましの言葉が届いたことに感謝した。また、PKを外した瞬間については「あの失望は言葉にできない。この国のすべての人の期待を裏切ってしまったと感じた」と語り、その衝撃の大きさを伝えた。

 そして肝心の人種差別に関しては「PKを外した瞬間、こうした憎しみが寄せられることは分かっていた」として、英国に潜む醜い人種差別の存在を認識したが「これで自分が壊されることはない」と強く反発。最後には「愛が常に勝つ」と文面を締めた。

 そう、筆者にとっても今や英国は第二の母国である。この国のフットボールを愛し、リバプールを愛し、子どもの頃に大好きになって以来、今も聴き続ける“愛こそすべて”のビートルズを愛す。そしてイングリッシュの妻と巡り合い、ここで家族も育んだ。サカが言うとおり、最後は憎しみが滅び、常に愛が勝ってほしいと望む。

 実際、マンチェスターの街角に貼られたラッシュフォードの大ポスターにも人種差別的な落書きが行われ、人々の心を傷つけたが、翌日から大勢のファンがその落書き部分に激励のメッセージを貼り、色とりどりの便箋、ハート型のカードで薄汚い中傷を綺麗に消した。

 また今回の母国の代表に対する侮辱には、英国当局も黙っていなかった。すでに人種差別投稿容疑で5人の逮捕者が出て、少なくともそのうち2人は実名報道されている。

 ついに反撃が始まった。28年前は18歳の尊い命が犠牲になった。そして今回は19歳の純粋な涙が大勢の人間の心を動かし、EU離脱以来、不気味に許容されてきた人種差別に再び強烈な「NO」が英国で突きつけられつつある。

Football ZONE web編集部