【五輪経験者の視点】「絶対に勝たなければいけない」五輪初戦、勝ち点3を得るための11人は?

 東京五輪のサッカー男子が22日、いよいよ運命の初戦を迎える。U-24日本代表は17日にノエビアスタジアム神戸で行われた国際親善試合で、“金メダル候補”のU-24スペイン代表と1-1で引き分けて、南アフリカとの初戦に臨む。Football ZONE webで五輪期間中のスペシャルアナリストを務めることになった元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、重要な初戦で勝ち点3を取るための必勝スタメンを推奨してくれた。

   ◇   ◇   ◇

 このチームはすごく良い流れできている。スペイン相手にあそこまでの試合を展開できたことで、自信も漲っていると思う。南アフリカ代表は新型コロナウイルスの影響で、濃厚接触者が多数出てしまう心配な事態になっている。無事開催されるのか心配な状況だが、いずれにしても短期決戦では初戦で勝ち点3を取ることが一番大事になる。

 自分が出場した2004年のアテネ五輪では銀メダルのパラグアイと銅メダルのイタリアが同組という厳しいグループリーグだった。でも初戦のパラグアイ戦(3-4)で勝ち点が取れていたら、状況はガラリと変わっていたと思う。南アフリカ相手には絶対に勝ちたい。

 スタメンはGKに谷晃生。4バックは酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也。ここまでは鉄板だと思う。左サイドバックは旗手怜央。スペイン戦でのプレーは評価に値する。

 ダブルボランチは田中碧と遠藤航。2列目は堂安律、久保建英、左は迷った末に相馬勇紀。三笘薫はACLで遠征に行っていたので、最近のプレーが見えていない。張りもあるというところで、コンディションがどこまで上がっているのか心配。本調子なら先発で使わなければいけないけれど、今回はコンディションを含めて相馬を推します。

1トップは「一番の迷いどころ」、先発には上田を推したいが…

 今回は1トップが一番の迷いどころ。スペイン戦での林大地は決して悪くなかった。でも、先発は上田綺世を推したい。他のメンバーよりもボールの収まりも良く、前線で厚みが出せる。ヘディングも良いし、クロスに対する入り方も良い。でも、怪我上がりで、こちらもコンディションに不安がある。スペイン戦では万全ではなかったので、彼が間に合わなければ林が先発でしょう。

 初戦のスーパーサブは三笘。このチームで、明確な違いを出せる男は彼しかいない。南アフリカは絶対に勝たなければいけない相手。万全のチーム状態で初戦に挑んでほしい。

[プロフィール]
田中マルクス闘莉王/1981年4月24日、ブラジル出身。渋谷幕張高を卒業後、2001年に広島でJリーグデビュー。03年に日本国籍を取得し、04年アテネ五輪に出場した。その後は浦和でJ1とACL初制覇、名古屋でもJ1初優勝に貢献。06年にはJリーグMVPを受賞した。日本代表としても43試合8得点の成績を残し、10年南アフリカW杯ベスト16進出の立役者に。19年限りで現役引退。Jリーグ通算529試合104得点で、DF登録選手の100得点はリーグ史上初。現在は公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」でも活動中。