2000年シドニー五輪代表を率いたトルシエ元監督、現チームは「クオリティーが高い」

 U-24日本代表がいよいよ、東京五輪初戦の南アフリカ戦を迎える。ホスト国としてグループAに入り、南アフリカ、メキシコ、フランスと対戦。1968年メキシコ五輪以来、53年ぶりのメダル獲得を目指す。

 1998年から2002年まで日本代表の監督を務めたフィリップ・トルシエ氏は、2000年には兼任監督としてU-23日本代表を率い、シドニー五輪でベスト8に導いた。当時のチームにはMF中田英寿を筆頭に、MF中村俊輔、MF本山雅志、MF稲本潤一、FW柳沢敦、FW高原直泰、そして負傷で本大会出場は叶わなかったが、MF小野伸二といった才能あふれる選手たちがいた。

 東京五輪に出場するU-24日本代表もMF久保建英、MF堂安律ら多くのタレントを擁しており、シドニー五輪世代と比較されることも多い。シドニー五輪で代表監督を務めたトルシエ氏の目に、現在のチームはどのように映っているのか。さらに、PK戦の末に準々決勝でアメリカに敗れたシドニー五輪当時のチームとの比較をしてもらった。(取材=マイケル・チャーチ)

   ◇   ◇   ◇

 東京五輪に臨む日本のメダル獲得の可能性について、トルシエ氏は「日本が強いチームであることは間違いないだろう。なぜなら、チームの80%の選手たちはヨーロッパから来ている。さらにホームでプレーできるということ、良い準備ができたこともあり、チャンスは十分にあるだろう。彼らは強いチームであり、開催国としてメダルを勝ち取るポテンシャルは十分にあると見ているよ」と語った。

 そして、自身が率いた2000年シドニー五輪のチームとの「比較は可能」とし、両チームには“決定的な違い”があると指摘する。

「現在のチームのクオリティーは、私が率いた当時よりも遥かに良くなっています。20年前、私たちのチームには小野伸二、中村俊輔、稲本潤一のように才能のある選手、質の高い選手がいました。しかし、今のチームは全体的なクオリティーが高くなっています。私の時代にも、とても良い選手たちがいましたが、では何人が海外でプレーしていたでしょうか? 1人だけ、中田英寿だけです。今のチームは80%から90%がヨーロッパでプレーしています。これは非常に大きな違いになります」と、シドニー五輪後に多くの選手が海を渡ったものの、当時は国内組で構成されていたことを強調した。

当時とは異なる指揮官の役割「森保監督は選手を教育することではなく…」

 さらにトルシエ氏は、「現在のチームのほうが良いチームでしょう。なぜなら私の時は、私が選手たちに何をしなければならないか、教育しなければいけませんでした。今はそうではありません。なぜなら、彼らはドイツ、オランダ、フランス、スペイン、イタリアと、どこにでもいるからです。そして、彼らは代表監督から教育を受ける必要がありません。(クラブでの)日々の練習で学び、経験を積んでいるからです」と続けた。そのため監督が取り組むべき指導方法も、当時と今では違うという。

「ですから、森保一監督の役割は選手を教育することではなく、選手たちとともに過ごし、意欲を調整し、心理的な一体感を生み出すことです。私は(シドニー五輪代表の)彼らと過ごした時間で、より機械的な取り組みをしました。チームで過ごしたすべての時間を、機械的な作業に費やしたと言えるでしょう。しかし、今はその作業が終わっていて、監督はポジティブな雰囲気づくり、最高の選手を最適なタイミングで選出する作業に集中することができます。私の率いていた当時のチームとは、戦略がまるで異なるものなのです」

 トルシエ監督の指摘どおり、欧州で活躍する選手がチームの大半を占め、さらにホームという地の利もある日本。53年ぶりのメダル獲得への期待は、高まるばかりだ。

Football ZONE web編集部