英国戦で0-1惜敗、高倉監督が敗戦に言及 「向こうのゲームプランになった」

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、24日の東京五輪グループステージ(GL)第2戦でイギリスに0-1の敗戦。崖っぷちに追い込まれた状況に試合後の高倉麻子監督は「向こうの思ったようなゲームプランになってしまった」と話した。

 サッカー界では別々の活動となることが通常の英国4協会だが、五輪では合同チームを結成。イングランド勢を中心にしたチームは優勝候補の一角に数えられる実力の持ち主と評判だった。実際に日本は効率的なボールポゼッションに対してブロックを作って守る防戦一方の時間が長くなった。

 そうした中で後半30分、相手センターバックがボールを持ち運んでくるところで誰が行くのか明確にならずに進出され、右サイドに展開されたところからのクロスをFWエレン・ホワイトにヘディングで決められた。高倉監督は「1つのプレーで仕留められた。向こうの思ったようなゲームプランになってしまった」と話し、主将のDF熊谷紗希も「そこで勝負が決まる世界」と悔しがった。

 しかしながら、試合全体を見れば点差以上に質の部分で違いを見せられた感は否めなかった。高倉監督は「難しい試合になることは分かっていた。粘り強く勝ち点1、3を取りにいくと全員で集中していた」と話し、主将のDF熊谷紗希も「終始、自分たちの思った形で守れていた」と話したが、相手の攻撃を守った後にどうやって自分たちの攻撃につなげていくのかという点で、日本はゴールチャンスをほとんど生み出せなかった。

 初戦のカナダ戦に1-1で引き分けただけに、2試合を終えて勝ち点1とグループステージでの敗退の危機に立たされた。各組の2位以内だけでなく、3位のうち上位2チームが準々決勝に進出するシステムとはいえ、第3戦のチリ戦では勝利が絶対条件になる可能性が非常に高い。初戦のカナダ戦で同点ゴールを決めたものの、この日はラスト10分の出場になったFW岩渕真奈の状態について、指揮官は「ちょっと万全ではないがプレーはできる」と、不安要素があることも吐露している。

 運命のチリ戦に向け、高倉監督は「勝ち点3を取りにいく、点を取りにいくということに関しては、攻撃の厚みやコンビネーション、シュートを打ち切るところに集中していきたい」と話した。中2日で迎えるゲームで、日本は望みをつなぐ結果を出すことができるだろうか。

Football ZONE web編集部