【闘莉王インタビュー|第3回】悔しさを味わったアテネ五輪の戦いを回顧「苦い経験をした」

 東京五輪で53年ぶりのメダル獲得を目指すU-24日本代表は、22日の南アフリカとの初戦に1-0で勝利した。17年前の2004年アテネ五輪に出場した元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、Football ZONE webの「東京五輪スペシャルアナリスト」に就任し、森保ジャパンについて独自の視点で分析している。アテネ五輪で激闘を経験した闘将の目に映るU-24日本代表の姿とは――。独占インタビュー第3弾では「悔しさに満ちたアテネ五輪」について語った。

   ◇   ◇   ◇

 2004年のアテネ五輪は、闘莉王氏にとって苦い思い出だった。前年に日本国籍を取得し、日の丸を背負って臨む初めての大舞台では、重圧、世界との差、強豪の衝撃と多くのことを経験した。五輪は、選手のサッカー人生を大きく変えるという。

「一番印象的だったのが、普段いくらやっていても予想外のことが起きるということ。予想外に対して僕は準備不足だった。(03年に帰化して)経験も少なく、アクシデントに対する対応力ができていなかったと思いましたね。今までずっといろいろな準備をしてきたなかで、予想外のことが起きたらどうするかが一番難しい。どれだけ心構えができているかが大事なんですよね。この苦い経験をしたからこそ、すごく慎重に(2010年の)ワールドカップ(W杯)に臨めた。いい勉強になったなと思いますね」

 闘莉王氏は2001年にJ1リーグのサンフレッチェ広島でプロデビュー。04年にアテネ五輪に出場し、その後はA代表入りを果たした。10年南アフリカW杯では最終ラインを支えてベスト16入りに貢献。日本代表通算43試合8得点の成績を残している。

 輝かしい現役時代だが、すべての始まりはアテネ五輪での悔しさがあったから。糧にして這い上がってきた。本大会ではグループBでパラグアイ、イタリア、ガーナと同居。強豪が揃う“死の組”で、初戦のパラグアイ戦は3-4で敗戦した。第2戦でもオーバーエイジで参戦していたMFアンドレア・ピルロらを擁するイタリアに2-3と接戦で敗れ、2連敗のなか迎えたガーナ戦で1-0の勝利を掴んだ。この3試合すべてに先発した闘莉王氏は、大舞台での課題を痛感した。

「五輪を無駄にしたなというくらい、思い入れのある大会だった。いくら僕みたいにこんなに鈍感で大胆な人でもそう思えるくらい。でも、その思いがあったからこそW杯で良い経験ができた。大胆にいくところは大胆に、慎重にいくところは慎重にという区別ができるようになったのは五輪が経験させてくれたから。それまで大舞台に出たことがなかったんですよ。もしかしたら1年前(2003年)から(浦和)レッズでプレーしていたら、そうならなかったかもしれない。(01〜03年にプレーした)サンフレッチェ(広島)や水戸(ホーリーホック)は、そこまでプレッシャーがかかるところじゃなかった。ちょっと力不足だった気がします」

大事なのは“臨機応変な対応力”と力説「どんなに凄い監督でもパニックになるのを見てきた」

 世界と対戦して感じた壁。特にイタリア戦では“スーパーゴール”の連続に衝撃を受けた。

「ここから決められるんだ、この選手のところに良い感じにボールが来たらどうしようもないなと感じた。スーパーゴールばっかりでしたからね。初戦の悪い流れもあっただろうけど、流れが悪いままイタリア戦に入って、普通なら100回打って1回も入らないゴールが、あの試合に限ってバシッと入るんですよ。流れが悪いとスーパーゴールも決められるんだなと実感しましたね。特に、(ダニエレ・デ・)ロッシのオーバーヘッドが衝撃すぎた。マイナス気味に来てあんなの決められたら、ちょっとお手上げですね。気持ちも折れますね」

 ガーナ戦では勝利したものの、すでに2連敗でグループリーグ敗退が決まっていた。最終的にパラグアイは銀メダル、イタリアは銅メダルを獲得した“死の組”。闘莉王氏は3戦で6得点した攻撃力に感謝しつつも、7失点を悔やんだ。

「あれだけ点を取られたら勝ち目ないですよ。戦いとしたらダメなんです。あんなに点の入る五輪、なかなかないくらいだと思いますよ。あれだけ取ってくれたのに『何やってんだ、後ろは』と思いましたよね。完全に後ろの責任。僕も含めてね。後ろが安定しない試合は成り立たない。日本の勝ち方は後ろが安定しないと勝率はぐっと下がる。W杯を見ていても五輪を見ていても、1-0とか堅い試合に持ち込まないと。4点とか取られていると勝負にならないですね」

 東京五輪ではオーバーエイジ枠にA代表主将のDF吉田麻也に加え、DF酒井宏樹、MF遠藤航と守備力を強化する顔ぶれとなった。メダル獲得には絶対に守備を崩壊させてはならない。そのうえで大事なのは、“臨機応変な対応力”だと闘莉王氏は語る。

「僕はまだアテネだったけど、今度は開催国でプレッシャーがもっとあるわけですから。『予想外のことが起きる』という心構えでいけるか。そういうことを考えられるか。なんか上手くいく時、大胆にいくことも大事だけど、大胆にいき過ぎるのも裏に何かあるっていうこと。そのプレッシャーがいろんな予想外のことを起こす。それをどれだけ自分たちで解決できるか。これは監督も含めてですけどね。予想外のことが起こると、監督が一番先にパニックになるんです。今までの経験上、どんなに凄い監督でもパニックになるのを見てきた。予想外のことが起こると必ずパニックになるのが監督。選手たちがどれだけカバーするかが大事です」

 五輪で活躍すればA代表への道も拓ける。来年のカタールW杯へも大きな近道となる。若い選手たちにとって、大きなアピールの場。この大会で東京五輪代表は栄光を掴むことができるのか。サッカー人生を懸けた大舞台での飛躍に注目だ。

[プロフィール]
田中マルクス闘莉王/1981年4月24日、ブラジル出身。渋谷幕張高を卒業後、2001年に広島でJリーグデビュー。03年に日本国籍を取得し、04年アテネ五輪に出場した。その後は浦和でJ1とACL初制覇、名古屋でもJ1初優勝に貢献。06年にはJリーグMVPを受賞した。日本代表としても43試合8得点の成績を残し、10年南アフリカW杯ベスト16進出の立役者に。19年限りで現役引退。Jリーグ通算529試合104得点で、DF登録選手の100得点はリーグ史上初。現在は公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」でも活動中。

Football ZONE web編集部