メキシコは日本を含むアジア勢と五輪で1勝4分5敗。グループリーグ突破は難しい状況に

 U-24日本代表は25日に行われた東京五輪のグループステージ第2戦で強豪メキシコを2-1で下し、大会2連勝を飾った。スペイン紙は、メキシコのアジア勢との相性の悪さを紹介しつつ、「死刑執行人」と称している。

 日本は初戦の南アフリカ戦(1-0)でベンチスタートだったMF相馬勇紀を左サイドハーフに入れ、2列目中央にMF久保建英、右サイドハーフにMF堂安律が並ぶ形となった。すると立ち上がりの前半6分、日本が誇るレフティーコンビがいきなり輝きを放つ。右サイドバックのDF酒井宏樹が縦パスを出すと、堂安が相手最終ラインの背後を取って抜け出す。そして右足でマイナスのラストパスを送ると、走り込んできた久保が相手DFの一歩前に出て左足トーキックでシュートを放ち、2試合連続となる先制ゴールを決めた。

 さらに勢いに乗る日本は同12分、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)からの進言を受けた主審が、直前のプレーで左サイドを突破しクロスを送った相馬に対するメキシコのファウルを取りPKを宣告。これを堂安がゴール中央に決めて、リードを2点に広げた。その後はメキシコが反撃に転じる時間帯もあったが2-0のまま後半に入ると、同23分には突破した堂安をメキシコDFヨハン・バスケスが倒し一発退場。数的優位を得ながら終盤に1点を返されるも、2-1と逃げ切ってグループリーグ突破へ前進した。

 スペイン紙「エル・エコノミスタ」は、「アジア勢、オリンピックサッカーでトリ(メキシコ代表の愛称)の死刑執行人」との見出しでレポートしている。

「日本はスピードとテクニックで、序盤からメキシコを窒息死させた。タケフサ・クボのゴールが5分11秒に決まり、その後に手にしたPKをリツ・ドウアンが沈めた。メキシコは東京五輪で開催国(日本)に敗れて勝ち抜けが難しい状況。過去にトリコロールはアジアチームと10回対戦して1回しか勝っていない。1928年のアムステルダム五輪から1勝4分5敗だ」

 記事によれば、メキシコのハイメ・ロサーノ監督は試合後、「日本が上手くプレーするなかで、我々は10分間フィットしない時間があった」と、失点した時間帯の出来を悔やんだという。

 日本とメキシコは体格でも近いとされ、比較されることも多いが、強烈なインパクトを残すことに成功したようだ。

Football ZONE web編集部