【五輪経験者の視点】メキシコ戦では終盤に失速「選手交代からリズムを失い失点も許した」

 U-24日本代表は25日、埼玉スタジアムで行われた東京五輪グループリーグ第2節で難敵メキシコと対戦し、2-1で勝利した。初戦でフランスを4-1で破り勢いに乗る相手を撃破して2連勝を飾ったが、「Football ZONE web」で五輪期間中のスペシャルアナリストを務めている元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、終盤の失速を問題視。「選手交代は正直機能していない」と森保一監督の采配に懸念を示している。

 強豪メキシコを相手に、日本は完璧な立ち上がりを見せた。前半6分、右サイドバックのDF酒井宏樹が縦パスを出すと、MF堂安律が相手最終ラインの背後を取って抜け出す。そして右足でマイナスのラストパスを送ると、走り込んできたMF久保建英が相手DFの一歩前に出て左足で巧みに合わせ、2試合連続となる先制ゴールを決めた。

 さらに勢いに乗る日本は同11分、左サイドを突破してクロスを送ったMF相馬勇紀に対するメキシコDFセサル・モンテスのファウルでPKを獲得。これを堂安がゴール中央に決めて、リードを2点に広げた。その後はメキシコが反撃に転じる時間帯もあったが2-0のまま後半に入ると、同23分には最終ラインを突破した堂安をメキシコDFヨハン・バスケスが倒して一発退場。メキシコが10人となり、日本がさらに優位な状況となった。

 だが日本はそこから相手の攻勢を許す展開となり、後半40分にFKから今大会初失点。さらに同アディショナルタイム3分には、再びFKからDFブラディミル・ロローニャに決定的なヘディングシュートを見舞われるが、ここはGK谷晃生がビッグセーブ。1人多いとは思えない劣勢を強いられながらも、辛くも2-1で逃げ切った。

 この試合展開に闘莉王氏は「監督の采配も気になる」と語り、「メキシコ戦も選手交代からリズムを失い、失点も許した。守備固めを意識しすぎて、終盤で自陣で耐える時間が増えた」と森保監督の采配に懸念を示している。

 メキシコ戦で日本は、後半20分に相馬に代えてFW前田大然をサイドハーフとして投入。さらに相手が退場者を出した後の同34分には、堂安とFW林大地を下げて、MF三笘薫とFW上田綺世を出場させた。しかし闘莉王氏は、初戦の南アフリカ戦(1-0)を含めて、森保監督の試合中の采配を通じた“メッセージ性”に乏しさがあると指摘する。

「様々な選択肢がある」フランス戦は「監督の腕の見せどころ」

「このチームは自陣に押し込まれた状態で強さを発揮するチームではない。吉田麻也のストロングポイントも跳ね返す部分ではない。一つの交代をとっても、チームに対してどんなサインを出しているのか。あるいは、出したいのか。2連勝という成果は素晴らしいが、選手交代は正直機能していない」

 メキシコ相手にチームを素晴らしい試合の入りに導いた一方、終盤の戦いで修正しきれなかった印象がある森保監督の采配。闘莉王氏は、グループリーグ突破を懸けた第3戦のフランス戦は「様々な選択肢がある」としたうえで、「ここは監督の腕の見せどころだと思う」と期待を口にした。2点差以上で勝つしかないフランスが猛攻を仕掛けてくることが予想されるなか、試合展開に応じて森保監督がどんな采配を振るうのか、注目が集まる。

[プロフィール]
田中マルクス闘莉王/1981年4月24日、ブラジル出身。渋谷幕張高を卒業後、2001年に広島でJリーグデビュー。03年に日本国籍を取得し、04年アテネ五輪に出場した。その後は浦和でJ1とACL初制覇、名古屋でもJ1初優勝に貢献。06年にはJリーグMVPを受賞した。日本代表としても43試合8得点の成績を残し、10年南アフリカW杯ベスト16進出の立役者に。19年限りで現役引退。Jリーグ通算529試合104得点で、DF登録選手の100得点はリーグ史上初。現在は公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」でも活動中。

Football ZONE web編集部