中山雄太が公式SNSで公開、五輪8強で日本に敗れたNZが感謝のメッセージ「ありがとう鹿島」

 U-24日本代表は7月31日、東京五輪サッカー男子の準々決勝でニュージーランドと対戦。90分間、延長前後半30分でも決着がつかず、PK戦まで突入したなかで、PKスコア4-2で日本が勝利した。堅い守備で日本を苦しめたニュージーランドだが、一夜明けた8月1日、DF中山雄太(ズウォレ)がニュージーランドの“粋なメッセージ”を明かしている。

 日本はMF堂安律(PSV)が最多のシュート6本を放つなど、計21本のシュートを浴びせたがニュージーランドの堅い守備を打ち崩せず。勝負は延長戦に突入するも、そこでも決着がつかずにPK戦に突入した。

 日本はニュージーランドの2本目をGK谷晃生(湘南ベルマーレ)が見事にストップ。3本目も相手が失敗したのに対し、日本はすべて決め、最後は4人目のDF吉田麻也(サンプドリア)が冷静にネットを揺らしてPKスコア4-2で激闘を制し、ベスト4に駒を進めた。

 今大会、ダークホース的に快進撃を続けたニュージーランドは、スポーツマンシップも称えられるべきものだった。中山は自身の公式インスタグラムで、試合後のニュージーランドのロッカールームに残されたホワイトボードのメッセージを公開している。

「ありがとう鹿島 東京2020 素晴らしい時間を過ごせました。日本代表の幸運を祈っています。頑張れ! ニュージーランドフットボール」

 敗れながらも、勝利し、ベスト4でスペインと対戦する日本へエールを送ったニュージーランド。中山は英語で、自身の思いを綴っている。

「これは試合後、ニュージーランドのロッカールームで撮った写真です。私はフットボーラーである前に、人間として彼らを深く尊敬します。彼らの情熱とともにベストを尽くします。日本では多くのアスリートがプレーしていて、このような心が温まるニュースを見ています。私は何もしていませんが、日本のホスピタリティーやパーソナリティーを誇りに思います。人と人のつながりは本当に良いものだと思いました。世界が今よりも心温まるニュースでいっぱいになることを祈っています」

 この投稿には、ファンから「素晴らしいスポーツマンシップ」「金メダル目指せ!」といった声が上がっていた。

Football ZONE web編集部