【スペイン発コラム】マジョルカ在住記者が見た2年ぶり復帰の経緯とクラブ事情

 日本代表MF久保建英がマジョルカへ再レンタル移籍、開幕戦で早速今季初出場を果たした。2年ぶりとなる“復帰”までの経緯、そして今後はどうなるのか――。現地で活動し、マジョルカの事情に精通する記者が展望する。(取材・文=島田徹)

   ◇   ◇   ◇

 今年5月23日、昨季のスペイン2部リーグ、マジョルカのホーム最終戦でのこと。最終節を前に2位が確定し、1部昇格を決めていたチームを祝うイベントが行われた。そのすべてが終わり、ピッチから引き上げるアンディ・コールバーグ会長、強化担当ディレクターのパブロ・オルティスに対し、スタンドのファンが叫んだ。

「タケを獲ってくれ!」

 マジョルカファンの中でのタケの認知度、評価は非常に高い。2019-20シーズンの活躍は記憶に新しく、同シーズン半ば過ぎに2部降格の恐れが現実的な展開にあって、一人気を吐き、最終的に19位に終わったチームを牽引した感があった。アトレティコ・マドリードや、リーグ優勝したレアル・マドリードといった明らかに格上のチームを相手に、敵2人、3人に囲まれてもドリブルを仕掛ける姿は頼もしささえあったし、ファンにとって消えかけの1部残留への希望のともしび自体が、当時18歳の日本人少年だった。

 ただ、筆者はこの時点(今年5月)で、久保のマジョルカ復帰はおそらくないと考えていた。なぜなら自身この国のプロとして1年目にプレーした場所に戻るということは、日本で飛び級を重ねながらステップアップを果たし、さらなる高みを見据える選手にとってキャリアの「足踏み」――もっと言えば「一歩後退」にすらなり得ると思っていたからだ。

 ところがその後に状況、選手の心境に変化があったのではないか。

 久保、そして日本人サッカーファンにとっての失意も、マジョルカにとっては優位に働いた。仮に東京五輪で久保がもっと活躍し、チームがメダルを獲得していたとすれば、今夏のレンタル獲得戦線はさらに激化していただろうことは容易に想像できるし、他チームとの金銭面などの条件闘争になれば、今月に入って11年前の借金を完済したばかりのマジョルカにマネーゲームを戦うほどの体力はなかった。

指揮官は起用を前提に獲得「彼は大いに我々を助けてくれる」

 地元情報によれば、マジョルカは保有元のレアルに対しレンタル料は支払わず、選手年俸のみを負担するという。昨季ビジャレアルが支払ったレンタル料と選手年俸の二重負担を免れたことになる。

 久保はレアルでのプレーを第一希望とし、それが叶わないのならマジョルカへ転出を希望していたとされるが、マジョルカ以外の有力クラブが本気で久保を獲りにかかり好条件を提示していれば、コロナ禍で例年とは全く違う経済状況のなかで、悲願のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)獲得へ向けていくら資金があっても困らないレアルが、売却を含め選手を現金化の道具にしていた可能性だってあった。「本人が希望しているから」という単純な理由だけで、去就が決まるような悠長なことは言っていられなかったかもしれない。

 マジョルカが、レアル・ソシエダなどチーム力やクラブ組織で格上候補との獲得戦線を制して久保を獲得した一番の理由は、安定した出場機会が見込める点だ。

 チームは昨季2部で、一番と言って良いほどの安定感のあるチームだった。とはいえ、1部で戦うには当然のことながら戦力の上積みが必要になる。

 ルイス・ガルシア・プラサ監督は、攻撃陣の補強がFWアンヘル(←ヘタフェ)だけにとどまっていた状況で、選手補強について「少なくともあと2人は必要」と訴えていた。その1人が久保なのだ。2年前のレンタルでは、レアルがマジョルカに対し出場試合数の下限を設定していたとの噂もあったが、今回はこういった要望(強制)の必要はない。受け入れ側が選手の実力を認め、起用を前提に考えているのだから。

 同監督は記者会見で、久保の起用方法について「4-2-3-1の2列目ならどこでも使える。突破、ラストパス、ゴールを期待する。当面はサイド。彼は大いに我々を助けてくれると思う」と期待をかけている。他のシステムのバリエーションとしては4-3-3、4-4-1-1が考えられるが、この場合はともにサイドで攻撃の起点、またはドリブルでの突破を求められるだろう。

格上相手と戦い続けるシーズン、五輪スペイン戦のような試合展開で輝けるか

 いずれにしろ、マジョルカで求められるのはコンスタントに試合出場し、得点やアシストといった結果を出すこと。そしてチームを1部残留に導く“主役”としての活躍だ。いわば個人的なアピールを果たしたスペイン1年目、自らの手でチーム(ヘタフェ)の1部残留を決めた2年目の良いとこ取りが最低条件で、さらにビジャレアル時代に叶わなかった先発フル出場をしなければならないということになる。

 問題はほぼすべての対戦相手が、実力的に上になる点。自分たち主導でプレーできる時間帯は比較的少なく、むしろ精神的な我慢と体力的な消耗を強いられつつ、限られたチャンスを生かして結果を出さなければならない。イメージはスペインと戦った東京五輪準決勝。押し込まれつつも辛抱し、延長戦の一発で力尽きたシーンを繰り返すことなく、逆に笑顔に変えなければならないということだ。五輪を悔し涙で終えた久保の、強い決意を胸に秘めた新たな戦いが始まる。

Football ZONE web編集部