レアルの207億円の正式オファーに対し、PSGは285億円を要求

 レアル・マドリードはパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に向け、移籍金1億6000万ユーロ(約207億円)の正式オファーを送った。しかし、PSGの要求はこれを大きく超える2億2000万ユーロ(約285億円)に上るという。

 PSGとの契約延長を拒むムバッペのレアル加入はもはや既定路線で、それが今年になるか、来年になるのか、時間の問題だと見られる。それでも、レアルは契約が残り1年を切った選手に対しては異例とも言える巨額オファーを準備して、今夏中の引き抜きに力を注いでいる。

 しかし、PSG側はレアルのオファーを不十分と見ているようで、フランス紙「ル・パリジャン」によれば、PSGはこのオファーを拒絶したという。

 記事によれば、PSGの要求額は2億2000万ユーロ(約285億円)。かつてPSGがバルセロナからブラジル代表FWネイマールを獲得した歴代最高額の2億2200万ユーロ(約287億円)に迫る金額で、レアルからのオファーは遠く及ばない。

 PSGがモナコからムバッペを買い取った際の金額が1億4500万ユーロ(約188億円)。ムバッペが契約延長や他クラブへ移籍する際には、モナコへ追加で3500万ユーロ(約45億円)が支払われることになっているという。それを回収し、利益を計上するための金額として2億2000万ユーロを要求することになるという。

 スペインメディアでは、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長は契約が残り1年を切った選手に対する移籍金としては十分すぎる金額だと感じているとも報じられていたが、PSG側が定める条件には届いていない。今夏中にムバッペを引き抜くという“白い巨人”の思惑はこのまま泡と消えてしまうのだろうか。

Football ZONE web編集部